日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

湯の町しぐれ
ユノマチシグレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年08月14日 
製作会社
松竹大船シスター) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

製作は「早春二重奏」の久保光三で、萩原四朗の原作及び作詞を「息子の青春」の中村定郎が脚色し、新人長島豊次郎が監督に当り、「銀座巴里」の井上晴二が撮影を受持っている。出演者の主なものは、「夏子の冒険」の高橋貞二、「娘はかく抗議する」の井上邦子のほか、小林十九二、安部徹、清水一郎、高橋榮子などである。

スタッフ

製作
久保光三
原作
萩原四朗
脚色
中村定郎
監督
長島豊次郎
撮影
井上晴二
美術
脇田世根一
音楽
吉澤博
浪曲
寿々木米若

ストーリー

伊豆伊東の若い旅館主高山彌太郎は、漁師太吉の妹かよと恋仲であった。しかし、太吉は、彌太郎の父彌助が太吉兄妹の父太平の仇であるといって、かよと彌太郎との結婚を承知しなかった。太平は彌助から色々眼をかけられていたが、一日天城へ狩猟に行ったとき、彌助があやまって人を射殺した罪を、日頃の恩をかさに身代りに服罪させたというのである。たまたま網元の濱名宗吾はかよと彌太郎との仲を知りながら、かよを嫁にくれといい出した。太吉が返事をしぶるのを見ると、彼は太吉に貸した二万円の金を返えせと難題をもちかけた。かよは悲しみに堪えかねて投身自殺を計って救われた。太吉も妹の心情をあわれと思って彌太郎を迎えに行くが、その彌太郎は、宗吾が購入する筈の漁船のブローカー島田たちの不正を宗吾に知らせたため、浜辺で島田たちに襲われ負傷してかつぎ込まれたところであった。宗吾は、彌太郎から、仇を恩で返す親切を受けて、ほん然と悔悟した。そして実は彌助と太平が同時に打った弾丸であやまって人を殺し結局太平が罪に服した事実を物語ったので、太吉の彌太郎に対する恨みは氷解した。やがて彌太郎の許へ嫁ぎ行くかよの美しい花嫁姿の見られる日がやって来た。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。