日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

昔話ホルモン物語
ムカシバナシホルモンモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年09月11日 
製作会社
宝塚 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

宝塚劇団の演出家で、昨年三ヶ月ハリウッド見学をして帰国した内村禄哉が監督する宝塚映画最初のコメディ。脚本は和田長次郎が書いている。撮影は、「娘十八お転婆時代」の藤井春美。出演者の主なものは、「娘十八びっくり天国」の木戸新太郎、「目下恋愛中」の八千草薫のほか、喜劇俳優の渡辺篤、如月寛多、宝塚新芸座の人々、宝塚歌劇団のメンバーなどである。

スタッフ

脚本
和田長次郎
監督
内村禄哉
撮影
藤井春美
美術
安井一郎
音楽
河村篤二

ストーリー

江戸は今や南蛮から帰国した穴田藩の人々の噂でもちきりであった。穴田姫は昔旗本矢佐茂左兵衛に失恋してから南蛮貿易を志し、将軍に献上する不老不死の秘薬を持ち帰ったのであったが、生き残った家来は、三馬と須々喜、穴子の三名であった。姫はその外に世の中のことがすべて見えるというギヤマンの大玉を持っていた。さて帰国すると穴田姫は早速矢佐を通じて秘薬を将軍家へ献上方を申請した。矢佐の隣家、天谷椀右衛門には、一郎という養子があったが、一郎は矢佐の娘千草と恋仲であった。しかし親同志は犬猿ただならぬ仲の悪さで遂に一郎は家出をしてしまった。そこで天谷は矢佐の家へ押しかけ、千草だけは一郎の行方を知っている筈だと談判に及び、矢佐が千草に問い訊しに行っている間に、天谷は間違えて秘薬南蛮糖を食べてしまう。それと知らぬ矢佐はすりかえられた碁石を献上したので、将軍はすっかり立腹、矢佐父娘は追放、穴田姫及びその家臣たちは捕吏に追われる身となった。若返った天谷は、旗本一同を御前試合のための猛稽古でくたくたにし、矢佐は何とかして天谷を捕えて身の潔白の証しを立てようとし、千草は父を助けようとしてかえって旗本近藤登之助に追われ、一郎のために助けられる。そうした騒ぎの中へ穴田姫の一行が捕吏に追われて加わり、騒ぎはいよいよ大きくなったはずみに姫の持った大玉が破裂、姫はいうに及ばず、若返った天谷も、白髪の老女、老人にかえる。天谷はそして矢佐に捕えられ、不老不死の秘薬から起った騒ぎはけりがつき千草と一郎もようやく天下晴れて許される恋人同志になった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。