日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二つの処女線
フタツノショジョセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年08月07日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

米田治の企画により、川口松太郎の産業経済新聞に連載の原作から三枝皓が脚色し、「安宅家の人々」の久松静児が監督、同じく高橋通夫が撮影に当っている。出演者の主なものは、「いとし子と耐えてゆかん」の水谷八重子、「母子鶴」の三益愛子、「白蘭紅蘭」の久我美子と山内明のほか、斎藤達雄、根上淳、荒川さつき、星美智子、津村悠子などである。

スタッフ

企画
米田治
原作
川口松太郎
脚色
三枝皓
監督
久松静児
撮影
高橋通夫
美術
木村威夫
音楽
飯田三郎

ストーリー

六大学リーグ戦の雄江馬孝之介は兄の雄之介に伴われて銀座のキャバレーへ行っていたとき、近く結婚する雄之介の恋心を怒ったダンサーゆかりの依頼で現われた暴漢と争ってその男を五階から墜死させた。孝之介は父進之介と昔の恋人ともとの間に生れた子であったが、実子のように愛してくれる母恭子への恩返しに雄之介に代って罪を被ってしまう。それも正当防衛で無罪になったので、彼は実母ともや恋人ルミと関西で水入らずの生活を楽しんでいたが、雄之介の死で、すべてのことが明らかになり、東京へ呼びもどされた。しかしルミとの結婚は認められないのであった。ルミはそれを知ると自ら姿をかくしてしまった。ともは一年後、子供をかかえたルミとめぐり合って、どうしても孝之介と結婚させてやりたいと思うが、その時彼は兄雄之介の婚約者陽子と結婚することになっていた。婚約発表の日、子供を抱いたともが現われた。怒りにふるえた進之介とともの対峙するなかへ陽子はやさしく割ってはいった。そして孝之介はルミの手にかえることになった。キャバレー・ブルウスカイでルミの弾くピアノでサキソホンを吹く孝之介が見られたのはそれから間もなくのことであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。