日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

緑の風
ミドリノカゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月31日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

製作は「出世鳶」の杉山茂樹。富田常雄の原作で、「華やかな夜景」の柳井隆雄(脚色)、原研吉(監督)、森田俊保(撮影)の三人が再び製作に従事したもの。出演者の主な顔ぶれは、「二つの花」の高峰三枝子、「娘はかく抗議する」の大木実と紙京子、「東京のえくぼ」の上原謙の久しぶりの松竹出演、その他吉川満子、夏川大二郎、河津清三郎などである。

スタッフ

製作
杉山茂樹
原作
富田常雄
脚本
柳井隆雄
監督
原研吉
撮影
森田俊保
美術
川村芳久
音楽
加藤光男

ストーリー

外科医高木啓子は盲腸患者の手術を佐々院長にまかされたが、既に手遅れになっていたため死なせてしまった。啓子に落度はなかったが、彼女にとって初めての大手術であったため、このことは非常な痛手となった。それを慰め力づけてくれたのは内科医の同僚緒方だった。緒方は啓子を愛していたが内気なため積極的な表現が出来ないでいるうちに、彼の親友の瀬戸が、指の治療を受けて一眼で啓子が好きになり結婚を申込んだ。彼は少壮実業家で、一年ほど前妻を胸の病気で失った男だった。啓子の父の亡きあと母と弟をかかえて生活と闘っていたので、結婚に対しても現実的な考えを持っていた。資産も実力もある瀬戸にはかなわぬと緒方が他の娘と婚約したとき、啓子は瀬戸と結婚をしてもよいと考えた。が、このことで、啓子の従兄でよき相談相手の曾根隆は思いがけず自分が啓子を愛していたことを発見した。啓子の弟荘太郎は銀座裏のアルバイトで、花売娘の佐川ミキという女と仲良しになった。ミキの母は啓子の第一回目の手術で死んだ患者だった。荘太郎はミキと結婚しようとして啓子に強く反対されると家を出てしまった。貧乏作家の隆は荘太郎とミキの結婚はバカげているかも知れないが、美しくもあるじゃないかと啓子にいうのだったが、啓子は人生は詩や小説とはちがうといいはるのだった。瀬戸との結婚の迫ったある日、啓子は掛け持ちしている婦人科病院から急患でよばれた。病人は子宮外妊娠破裂で一刻を争う重体だったが、それが意外にも瀬戸の囲っていた女だった。啓子の心は驚きと怒りに乱れたが、それを押えて執刀した。そして無事に手術を終った。色々と弁明する瀬戸の言葉も啓子にとっては無駄に思えるばかりだった。瀬戸との傷手がいえた頃、ある夜隆が啓子を散歩にさそった。そしてとある「焼とり」屋ののれんをくぐった。屋台の中で甲斐々々しく働いているのは荘太郎とミキだった。啓子は隆によって人生の新しい面へ眼が開かれたような気がするのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。