日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

攻殻機動隊 新劇場版
コウカクキドウタイシンゲキジョウバン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2015年06月20日 
製作会社
「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会アニメーション制作 Production I.G) 
配給会社
東宝映像事業部 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

1989年に発表された士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』は、その後映画やテレビアニメ、OVAとして映像化、国内外広く影響を与え続けてきた。そんな『攻殻機動隊』の誕生25周年を記念し制作された長編アニメーション。人が直接電脳につながることができるようになった近未来を舞台に、電脳犯罪を未然に防ぐ攻殻機動隊が結成された背景やリーダーの草薙素子の過去を描いていく。「攻殻機動隊ARISE」シリーズで組んだ総監督の黄瀬和哉と小説家の冲方丁が、本作でもタッグを組んでいる。監督は「劇場版 戦国BASARA-The Last Party-」の野村和也。アニメーション制作は「攻殻機動隊」シリーズを手がけてきたProduction I.G.。

スタッフ

総監督
黄瀬和哉
監督
野村和也
脚本
冲方丁
原作
士郎正宗
総作画監督
大久保徹
撮影
田中宏侍
美術
益城貴昌竹田悠介
音楽
コーネリアス
主題歌
坂本真綾 コーネリアス
編集
植松淳一
アニメーション制作
Production I.G
キャラクターデザイン
黄瀬和哉

出演者

ストーリー

2029年3月、総理大臣が暗殺される事件が起き、類まれなハッカースキルを持つ草薙素子(声:坂本真綾)の元上司である501機関のクルツも被害に遭う。草薙はバトー(声:松田健一郎)やトグサ(声:新垣樽助)といったはぐれ者たちと捜査をはじめるが、メンバーをパーツだと言い放ち反発される。捜査が進むにつれ、義体開発に大きく関わる技術的障害『デッドエンド』をめぐる政治的取引や、洗脳やゴーストへの侵入、疑似記憶の形成電脳ウィルス『ファイア・スターター』、さらに草薙の過去にも関することが事件に絡んでいることがわかる。事件の背景を掴んだ草薙は、メンバーに自分のゴーストに従うよう最後の命令を告げ、一人戦いに向かっていく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。