日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

血を吸う粘土 派生
チヲスウネンドハセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年10月11日 
製作会社
『血を吸う粘土~派生』製作委員会制作プロダクション:ソイチウム) 
配給会社
ブラウニー 
レイティング
R15+  
英語名
 
上映時間
100分  

呪いの粘土“カカメ”による恐怖を映し出すホラー「血を吸う粘土」の続編。カカメの犠牲者・伏見恭三が火葬され、遺骨を受け取った娘の果林。しかし、果林が参加する美術作品制作キャンプで、伏見の遺骨の中に残されていた身体の一部からカカメが復活を遂げる。出演は、本作で映画初主演を務める藤井愛稀、ミスiD2018出身のAMIKO。前作に続き、黒沢あすか、津田寛治が脇を固め、監督も前作同様、梅沢壮一が手がける。特集企画『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019』にて上映。

スタッフ

監督
梅沢壮一
脚本
梅沢壮一神山順
プロデューサー
山口幸彦
撮影
栗山進太郎清水チカシ
美術
内藤愛
音楽
中山孝
照明
小舟統久
編集
梅沢壮一
VFX
岡野正広水谷しゅん
特殊メイク
山田陽中西桂子
特殊造形
亀山夏美

出演者

ストーリー

カカメに殺された伏見恭三の死を警察から知らされる娘の果林。伏見の遺体は火葬場で焼かれ、遺骨が果林に渡される。だが、その遺骨の中にカカメの身体の一部が残されていた。そんなある日、果林は木多天が主催する美術作品制作キャンプに参加。そこに持ち込まれた伏見の遺骨からカカメが復活、再び阿鼻叫喚の地獄が蘇る……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。