日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

解放区
カイホウク

作品名でWeb検索する
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
111分  

「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を監督、俳優としても活動する太田信吾が、浄化作戦の進む大阪市西成区の街とそこに生きる人の姿を活写した人間ドラマ。ドキュメンタリー作家を目指すスヤマは、新たな居場所を探すかのように、釜ヶ崎に漂着する。ドキュメンタリーの手法を用い、そこで息づく人々の生きる姿をリアルに映し出す。第27回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門および2017年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ゆうばりシネマテークに出品された。

スタッフ

監督
太田信吾
脚本
太田信吾
エグゼクティブプロデューサー
カトリヒデトシ
プロデューサー
伊達浩太朗筒井龍平
撮影監督
岸 建太朗
音楽
abirdwhale
録音
落合諒磨
編集
太田信吾
アソシエイト・プロデューサー
川津彰信
ライン・プロデューサー
川津彰信

出演者

ストーリー

先輩ディレクターとの理不尽な上下関係、制作時の被写体との接し方に疑問を抱きながら小さな映像制作会社に勤めるスヤマは、その一方でドキュメンタリー作家を目指しており、彼の夢に理解を示してくれる恋人もいた。ある日取材現場での先輩の姿勢に怒りが爆発し、やがて仕事での居場所を失ってしまう。新たな居場所を探すかのように、以前希望を見失った少年を撮影した釜ヶ崎へ向かうスヤマ。しかし東京で取材した引きこもりの青年を呼びつけたり、行きずりの女性に愛を語ったりと、一人で問題に向き合えず、切実さに欠ける取材を続ける。やがて自らの甘さがもたらした結果から、スヤマは一歩また一歩と道を踏み外し始め……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。