日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いとし子と耐えてゆかん
イトシゴトタエテユカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年07月03日 
製作会社
東映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
102分  

企画は、「恋風五十三次」を西原孝とともに企画した栄田清一郎で、「風ふたたび」の植草圭之助が脚本を書き、「恋風五十三次」の中川信夫が監督に当たっている。撮影は「醉いどれ歌手」の永塚一栄である。出演者の主なものは、「嵐の中の母」の水谷八重子、「月形半平太(1952)」の山田五十鈴、「西陣の姉妹」の宇野重吉、「右門捕物帖 謎の血文字」の月丘千秋の他、利根はる恵等。

スタッフ

監督
中川信夫
撮影
永塚一栄
脚本
植草圭之助
企画
栄田清一郎
音楽
芥川也寸志
美術
田辺達

ストーリー

高村節子は喬と昭夫の二児を抱えて、ただひたすら夫俊二の復員を待ちわびていた。その節子の元へある日残酷な俊二戦死の知らせが届けられ、彼女の心を打ち砕いた。この時彼女の心を支えたものは、二人の子供であった。節子は二児を伴って夫の故郷へ帰っていった。夫の家の人々は節子たちに冷たく、彼女たちは再び東京へ舞い戻った。節子の女学校時代の親友矢田千枝子も同じ戦争未亡人であったが、彼女の雄々しい生活ぶりを見て節子も励まされ、日雇い労働者の群れに入ってまで働き続けた。しかしそれでも貧しく恵まれない生活の中にある喬は、ある日ふと級友の給食費に手をつけ、節子の心を暗くした。しかし喬の担任教師竹野先生夫妻は、節子の境遇に同情して喬を引き取ろうと言ってくれた。竹野夫妻の温かい手で喬は日毎に明るくなって、今では二人の母を持つことを誇りにさえ思うようになった。三年後、節子はある保育園の保母となり、ようやく落ち着いた生活に入ったが、戦争で夫を奪われてようやく日本に帰り着いた妹の亮子は、淋しく死んでいった。節子は昭夫をしっかり抱いて、強く耐えていこうと覚悟するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。