日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母を恋う歌
ハハヲコウウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月05日 
製作会社
新映東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「ある夜の出來事」「夢よいづこ」の新映プロの製作で、脚本は「紅涙草」の山崎謙太と高柳春雄の共同執筆、監督は「魚河岸帝国」の並木鏡太郎、撮影は小原譲治が担当している。出演者の主なものは「結婚行進曲」の高杉早苗、「恋風五十三次」の若山セツ子、「朝の波紋」の岡田英次のほか利根はる恵、二本柳寛等である。

スタッフ

監督
並木鏡太郎
撮影
小原譲治
脚本
山崎謙太高柳春雄
企画
大塚和
音楽
松井八郎
美術
藤田博

ストーリー

最愛のわが娘と離れて十二年、旅回りの女奇術師天旭齋三洋は娘の帰郷を待ちわびていた。母の面影を描きながら帰ってきたまゆみが汽車から降りて見た母は、面影とはうって変わった無教養な女であった。母のアパートに落ち着いたまゆみは、一座の支配人近藤が母の情夫であり、しかも彼には一座の踊り子テル子という情婦がいることを知った。ある日まゆみは偶然学友大野和子に会い、汽車の中で会った青年は和子の兄一郎であることが分かった。以来失意の生活にあって気を紛らわすため、まゆみは誘われるままに大野一家に近づいていった。一郎には光子という婚約者があったが、まゆみに愛を感じるようになった。しかし三洋の評判が悪いので、父母は頑固に二人の仲に反対するのだった。かねてからまゆみに目をつけていた近藤は人気が落ち目の三洋の追い立てを画策したが、それも皆テル子の差し金と、三洋はテル子と争って傷を負った。現在の生活に耐えられなくなったまゆみは一郎と東京に出て自活する決意をしていたが、母の重傷に思い直し、近藤と母が関係を清算する約束で舞台に立つのだった。彼女の真意を曲解した一郎は憤然と東京へ発った。そして二年、まゆみは一座の花形となり母娘二人の楽しい生活を送っていた。しかし近藤の出現によって三洋はまた無軌道な生活に戻っていく。一方帰郷した一郎は再び結婚を求める。近藤はそれを種に大野家を脅迫しようとする。遂に母の本能に目覚めた三洋は必死に近藤の後を追って彼を崖下に突き落とした。三洋は娘の幸福を願って、潔く刑事に引かれていくのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。