日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ピカンチ LIFE IS HARDたぶんHAPPY
ピカンチハーフライフイズハードタブンハッピー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2014年08月01日 
製作会社
ジェイ・ストーム 
配給会社
ジェイ・ストーム 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
113分  

本作は、嵐主演の日本映画。2002年に公開の前々作『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』、そしてその続編として2004年に公開された『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』から10年を経て制作されたスピンオフ映画である。

スタッフ

監督
木村ひさし
監修
堤幸彦
脚本
河原雅彦
原案
井ノ原快彦
エグゼクティブプロデューサー
中村浩子長坂信人
製作
藤島ジュリーK.
プロデューサー
原藤一輝中沢晋
撮影
斑目重友
美術
丸尾知行
装飾
山本直輝
音楽
辻陽
音楽監修
DJ SHUHO杉本哲哉
音楽プロデューサー
志田博英
録音
臼井久雄
照明
山口泰一郎
編集
伊藤伸行
ビデオエンジニア(VE)
平野裕城
監督補
瀧悠輔

出演者

ストーリー

かもめ橋で、4人でタクマを見送った日から8年。ひょんな出来事から再び八塩で集まることになった。彼らの手には8年前に、それぞれの道を行く4人に、ハルが「これから辛いこと、楽しいことがあったら、このノートに書いて」と手渡したノート。30代に突入し、あのころにはなかった悩みを抱えた5人の物語。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。