日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

蘇生II 愛と微生物
ソセイツーアイトビセイブツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2019年08月23日 
製作会社
製作プロダクション:OFFICE TETSU SHIRATORI 
配給会社
OFFICE TETSU SHIRATORI 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

地球蘇生プロジェクトのもとに制作した長編映画第3弾。福島第一原発事故で汚染された土を有用微生物群の散布によって処理する活動に、回想ドラマを交えて迫るドキュメンタリー。監督は「リーディング エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。」の白鳥哲。ドラマパートの出演は、「人生ごっこ!?」の前田耕陽、「V・マドンナ大戦争」の中村繁之、「あゝ、荒野」の浅野彰一。

スタッフ

監督
白鳥哲
製作総指揮
白鳥哲
製作
成田健
撮影
大久保礼司白鳥哲
美術(回想ドラマパート)
本間千賀子原田千晴
音楽
黒石ひとみ
録音(回想ドラマパート)
久保琢也
照明(回想ドラマパート)
近守里夫
編集
森隆倫

出演者

ストーリー

2011年3月福島第一原発事故から8年が過ぎた現在でも汚染は拡大しており、放射性物質を含んだ土の処理は未解決である。その陰で、懸命にこの事実と向き合い、解決に向けて具体的な成果を上げている活動の一つが、ボランティアによる有用微生物群(EM)の散布である。微生物が放射能を消失させていることが、チェルノブイリ原発事故で被災したベラルーシ共和国国立放射線生物学研究所などによって証明されているのだ。地球全体の生態系が大きく崩れてきて、人類全体が利害を超えて地球を蘇生させていくことが急務となっている今、この映画は一つの答えを提示し、多くの人々に希望を与えるだろう。そして、環境と人間の意識の関係を科学的に示し、地球環境とひとりひとりの意識や日々の生き方がどう結び付くかを明示する。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。