日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

アイムクレイジー
アイムクレジー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年08月24日 
製作会社
ザフール&スタッフ 
配給会社
シンカ 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
86分  

プチョン国際ファンタスティック映画祭2018で最優秀アジア映画賞を受賞した人間ドラマ。音楽の道を半ば諦めたミュージシャンの佑樹は、バイトに向かう途中に交通事故に遭い、車を運転していた作曲家の美智子と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。出演は、「いちごの唄」の古舘佑太郎、「真っ赤な星」の桜井ユキ、サニーデイ・サービスのボーカル・ギターで映画初出演となる曽我部恵一。監督は、本作が長編デビュー作となる工藤将亮。

スタッフ

監督
工藤将亮
脚本
加藤結子工藤将亮
企画協力
小川真司
製作統括
古賀俊輔
プロデューサー
大日方教史
撮影監督
福本淳
音楽
加藤綾太
衣装プロデユース
澤田石和寛
サウンドデザイン
伊藤裕規

出演者

ストーリー

音楽の道を諦めようと、ラストライブの日を迎えたミュージシャンの佑樹(古舘佑太郎)は、バイトに向かう途中、交通事故に遭う。車を運転していたのは広汎性発達障害を持つ息子・健吾を連れた作曲家の美智子(桜井ユキ)だった。佑樹は、バイト先の店長(曽我部恵一)に半ば強引に健吾の子守をさせられ、それをきっかけに親子と深く関わっていく。かつての仲間の活躍、元カノの妊娠、“ヤバイ”の一言でまとめられる音楽……。周囲のすべてに苛立つ佑樹は、厳しい現実に直面しながらも強い信念を持ち、明るく振る舞う美智子の姿を見て、自分のなかで何かが変わっていくのを感じる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。