日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

パラダイス・ネクスト
パラダイスネクスト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年07月27日 
製作会社
四面楚歌 
配給会社
ハーク 
レイティング
一般映画  
英語名
亡命之途  
上映時間
100分  

妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演したノワール・サスペンス。1年前、シンルーという女性が不審な死を遂げる。彼女のボディガードをしていたヤクザの島は、以来、日本を離れ台湾でひっそりと生きていた。そこに、事件の真相をほのめかす牧野という男が現れる。出演は、「黒衣の刺客」のニッキー・シエ、「目撃者 闇の中の瞳」のカイザー・チュアン。監督は、「雨にゆれる女」の半野喜弘。

スタッフ

監督
半野喜弘
脚本
半野喜弘余為彥游善鈞
企画
黃詩珊
製作顧問
余為彥
プロデューサー
小坂史子劉嘉明
撮影
池田直矢
美術
蕭仁傑
音楽
半野喜弘坂本龍一
録音
周震
照明
陳志軒
編集
坂東直哉
衣装
施筱柔
ヘアメイク
施筱柔
その他
(削除)

出演者

ストーリー

一年前、ある事件をきっかけに日本から逃げるようにやってきたヤクザ・島(豊川悦司)は、地元のボスであるガオ(マイケル・ホァン)の庇護のもと、ひっそりと生きていた。ある夜、台北の屋台で牧野(妻夫木聡)という男が島の前に現れ、自分のことを憶えていないかと尋ねる。島は牧野を訝しるが、“あのパーティー会場にいた”という一言で、牧野を完全に無視することができなかった。それは、一年前に島がボディガードを務めていたシンルー(ニッキー・シエ)という女性が不審死を遂げたパーティーのことだった。彼女の死を引きずる島にとって、事件の真相を知っていることをほのめかす牧野は放っておけなかった。島をガオに紹介した日本のヤクザ・加藤(大鷹明良)が島を訪ねてきて、牧野の写真を見せて殺すよう指示する。牧野が命を狙われていることを知った島は牧野を問い詰めるが、答えはない。島は真実を語ろうとしない牧野を車に乗せて、台湾東海岸の町・花蓮に向かう。二人がバーに立ち寄ると、シャオエン(ニッキー・シエ)という日本語を話す台湾人女性と出会う。シンルーそっくりの容姿に、牧野は密かに驚き、島は心が砕かれるほどの衝撃を受ける。牧野と島は、大きな屋敷に一人で暮らしているシャオエンの家に泊まることになる。シャオエンは唯一の肉親である母親との問題を抱えていた。それぞれ問題を抱えている三人が共に過ごすうち、それぞれの心を溶かしていく。一方、台北にスーツ姿の男・346(カイザー・チュアン)が現れ、やがて花蓮にまで迫っていた。牧野と島の逃亡を助けたガオたちを手にかけた346は、次にシャオエンの命を奪う。自分の罪が招いた犠牲に耐えきれず、牧野は真実を打ち明ける。島は慟哭する牧野に怒りを露わにする。初めて感情をむき出しにした二人が向かう場所とは……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。