日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いちごの唄
イチゴノウタ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
114分  

ドラマ『奇跡の人』の脚本家・岡田惠和と銀杏BOYZ・峯田和伸の共著による小説を映画化。工場で働くコウタは中学1年のとき、伸二という親友がいた。さえないふたりは大好きなあーちゃんこと天野千日のことを“天の川の女神”と呼んで崇拝していたが……。監督は、ドラマ『トドメの接吻』の菅原伸太郎。出演は、「九月の恋と出会うまで」の古舘佑太郎、「きみの鳥はうたえる」の石橋静河。

スタッフ

監督
菅原伸太郎
脚本
岡田惠和
原作
岡田惠和峯田和伸
企画プロデューサー
馬上千明
製作
小西啓介岡本東郎宮崎伸夫
プロデューサー
小西啓介
協力プロデューサー
長井龍飯田雅裕筒井史子松岡周作
制作担当
中川聡子
撮影
岩永洋
美術
小竹森智子
音楽
世武裕子銀杏BOYZ
主題歌
銀杏BOYZ
録音
岡本立洋
サウンドエディター
勝俣まさとし
照明
加藤大輝
編集
日下部元孝
衣裳/スタイリスト
伊賀大介高田彰久伊藤佐智子
ヘアメイク
荒井智美
アソシエイト・プロデューサー
南陽
ライン・プロデューサー
鈴木嘉弘
助監督
内田貴史
VFXスーパーバイザー
木村康次郎

出演者

ストーリー

冷凍食品の製造工場で働いている笹沢コウタ(古舘佑太郎)には、伸二(小林喜日)という親友がいた。中学1年のとき、クラスのなかでは全然さえないふたりは親友になり、最高の青春時代を送っていた。ふたりは大好きなあーちゃんこと天野千日(石橋静河)を“天の川の女神”と勝手に呼び、偶像崇拝していた。孤児院育ちの伸二は大好きなビートルズを真似して、孤児院の庭をストロベリーフィールドの花でいっぱいにすることを夢見ていた。しかし伸二は、千日を交通事故から守り、身代わりとなって死ぬ。10年後の伸二の命日、コウタと千日は偶然高円寺で再会する。それからふたりは、1年に1度、伸二の命日に逢うことを決める。1年に1度だけの逢瀬を繰り返し、コウタは次第に千日に心惹かれていく。何のとりえも自信もないコウタはその想いを伝えることができず、そして何も語ろうとしない千日との間に溝ができていく。ある年、千日は「私は天の川の女神なんかじゃない!」と口にし、伸二との過去の関係を告白する。翌年、千日は約束の場所に現れなかった。それでもコウタの想いは止められなかった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。