日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Diner ダイナー
ダイナー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年07月05日 
製作会社
シネバザール、日本テレビ放送網 
配給会社
ワーナー・ブラザース映画 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
117分  

第28回日本冒険小説協会大賞と第13回大藪春彦賞を受賞した平山夢明の小説を、主演・藤原竜也×蜷川実花監督のコンビで映画化。元殺し屋で天才シェフのボンベロが店主を務める殺し屋専用のダイナーを舞台に、客として訪れた殺し屋たちが死闘を繰り広げる。「チワワちゃん」の玉城ティナ、「銀魂2 掟は破るためにこそある」の窪田正孝、「キングダム」の本郷奏多ら豪華キャストが共演。

スタッフ

監督
蜷川実花
脚本
後藤ひろひと杉山嘉一蜷川実花
原作
平山夢明
キャラクターデザイン
長瀬哲朗
プロダクションデザイナー
enzo
フラワーデコレーション
東信
装飾美術
横尾忠則
フードクリエイション
諏訪綾子
音楽
大沢伸一
主題歌
MIYAVIDAOKO

出演者

ストーリー

そこは、命がゴミのように扱われる殺し屋専用のダイナー(=食堂)。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ(藤原竜也)。日給30 万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコ(玉城ティナ)は、ウェイトレスとしてボンベロの下へやってくる。次々と店を訪れる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、それとも殺し合いか……。店主、ウェイトレス、殺し屋たちによる新たな殺し合いが今、始まる……!

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。