日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

霧の夜の兇弾
キリノヨルノキョウダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月12日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「オールロマンス」に掲載された並木行夫作『法の外』より「夢よいづこ」の松浦健郎がシナリオを脱稿、「哀愁の夜(1951)」の杉江敏男が東映東京撮影所で初めてメガフォンを握る。撮影は「拳銃地獄」の西川庄衛。主演に「山びこ学校」の岡田英次、「上海帰りのリル」の浜田百合子、他に植村謙二郎、河津清三郎、谷間小百合が出演している。

スタッフ

監督
杉江敏男
撮影
西川庄衛
脚本
松浦健郎
原作
並木行夫
企画
岡田寿之
音楽
安倍盛
美術
川島泰三

ストーリー

殺された兄の仇を求めて、谷三郎はキャバレー「ル・ボウ」にたどり着いた。そこでいわれのない喧嘩を売りつけられ、傷ついた身をマダム・ユキに介抱された。だが翌朝、昨夜の喧嘩相手仙吉が再び迎えに来た。岸壁での決闘、三郎に迫る拳銃。だが無事で帰ってきた三郎の姿に、ユキはなぜかほっとするのだった。ユキは仙吉の首領塚本の情婦だった。そして昨夜彼女の部屋で見た兄の遺品。そこに何らかの関係を見出した三郎は、やがて塚本、仙吉たちの密輸団に加わっていく。初めて三郎に真実の恋を感じたユキは、恋する者の敏感さで男の目的を知り、塚本の冷酷さに不安を感じるのだった。塚本は仙吉の失敗から、三郎に仙吉を殺せと命じる。が、密かに彼は仙吉を逃がしてやる。夜霧に光るドックの道に、今や拳銃を構えて闘う塚本と三郎だった。兄の仇!だが三郎の弾丸は尽きて、塚本に一歩一歩追いつめられる。轟然と塚本の拳銃が鳴る。しかし倒れたのは三郎の情にほだされた仙吉の姿だった。そこへ駆けつける警官隊のサイレンの響きが、勝ち誇った塚本の表情を崩す。傷ついた三郎は近づいてきたユキと、霧の中をかきわけるようにしてしっかりと抱き合うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。