日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二宮金次郎
ニノミヤキンジロウ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
113分  

江戸時代に600以上もの村の再建を手がけた二宮尊徳(幼名・金次郎)の生涯を追う時代劇。小田原藩主に桜町領(現・栃木県真岡市)の復興を任された金次郎は、独自のやり方で進めようとするが、保守的な農民や新たに派遣された侍・豊田正作から反発される。監督は「地雷を踏んだらサヨウナラ」「長州ファイブ」の五十嵐匠。封建社会の枠組みを覆すような新たな手法で荒廃した村を復興させていく二宮金次郎をドラマ『水戸黄門』5代目・格さんを務めた合田雅吏が、金次郎を支える妻・なみを「明日にかける橋 1989年の想い出」の田中美里が演じる。

スタッフ

監督
五十嵐匠
原作
三戸岡道夫
脚本
柏田道夫
プロデューサー
永井正夫
音楽
寺嶋民哉
撮影
釘宮慎治
照明
山川英明
美術
中澤克己
録音
瀬川徹夫
編集
宮島竜治
衣装
大塚満
メイク
宮本真由美
助監督
羽石龍太郎

出演者

ストーリー

幼い頃に両親を亡くした二宮金次郎は、兄弟とも離れ離れに。成長した金次郎(合田雅吏)は、文政元年、小田原藩主・大久保忠真(榎木孝明)より桜町領の復興を任され、この土地から徳を掘り起こそうと意気込む。そして復興に向け仕法と呼ぶ独自の方法を進めようとし、良き理解者である妻・なみ(田中美里)のお蔭もあり岸右衛門(犬山ヴィーノ)ら一部の百姓達には理解されるものの、五平(柳沢慎吾)ら保守的な百姓達は反発。さらに小田原藩から新たに派遣された侍・豊田正作(成田浬)は、百姓上がりの金次郎が秩序を壊しているとして次々に横やりを入れる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。