日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

父帰る(1952)
チチカエル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年06月18日 
製作会社
松竹大船シスター) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
46分  

製作は「黄色い鞄」の大町龍夫。菊池寛の名戯曲から、「お景ちゃんと鞍馬先生」の長瀬喜伴がシナリオを書き、新人堀内真直が監督に当たっている。撮影は、「腰抜け 伊達騒動」の服部幹夫。出演者は、「郷愁」の徳大寺伸、「早春二重奏」でデビューしたSKDの故里やよいの他、河村黎吉、紅沢葉子、青山宏などである。

スタッフ

監督
堀内真直
撮影
服部幹夫
脚色
長瀬喜伴
原作
菊池寛
製作
大町龍夫
音楽
奥村一
美術
加藤喜昭

ストーリー

おたかは、夫の宗太郎が情婦とともに出奔してから、賢一郎、新二郎、たね子の三児を抱えてマッチ箱貼りの内職などをしながら暮らしを立てた。賢一郎は小学校を卒業後は会社の給仕をしながら夜学に通い、二十年後の今日、役所の係長にまでなり、新二郎もたね子も会社に勤めて、一家はようやくゆとりのある楽しい生活を過ごせるようになっていた。たね子には賢一郎の知人からの縁談もあったが、彼女は会社の同僚園田と結婚の約束をしていた。賢一郎はそれを知って失望し、彼に隠していたことを激しく怒りもするが、母と弟の取りなしで、結局温かく許してやるのだった。しかし祭の日、消息を絶ったままの父が落ちぶれ果てた姿で帰ってきた時、おたか、新二郎、たね子の三人は喜んで彼を迎えるが、賢一郎は断固として父を許そうとはしなかった。再び家を出ていく父の後を、新二郎たちは追っていった。鉄道線路にしょんぼりたたずむ父の姿を見つけた時、その線路の向こう側から「お父さん!」と呼んで駆け寄ってくる賢一郎の姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。