日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

俺は前世に恋をする
オレハゼンセニコイヲスル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年03月23日 
製作会社
ABUKAWA CORPORATION LLC. 
配給会社
Abukawa Corporation LLC 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「妄想少女」の荒木憲司が手掛けたファンタジー。自分が女性になったような奇妙な夢に悩まされる大学生の越坂高次はある日、女子高生の枝野凛香と出会う。だがそれは、例の夢で見たのと同じ状況だった。やがて、高次と凛香の意外な関係が明らかになり……。出演は舞台を中心に活躍する薫太、「馬の骨」の河上英里子。

スタッフ

監督
荒木憲司
編集
荒木憲司
エグゼクティブプロデューサー
中川寿治
プロデューサー
あぶかわかれん
脚本
中村公彦
音楽
清水雄史
撮影
吉田良介
照明
下村芳樹
録音
松島匡
助監督
福島隆弘
ヘアメイク
鎌田英子
美術
唐澤一路

出演者

ストーリー

大学生の越坂高次(薫太)は奇妙な夢に悩まされていた。女物の服に着替えたり、スイーツを見てはしゃいだり……。それはボヤッとしたものではなく、自分が女子になって体験しているかのように生々しいものだった。そんなある日、高次の脳裏に大学受験のイメージがフラッシュバックする。受験生として訪れたキャンパスで道に迷い、通りがかった男に訊くのだが……。その顔がはっきりしないまま我に返る。数日後、大学に向かった高次は、受験で関係者以外は校内に入れないことを知り、とぼとぼと引き返す。その時、1人の女子高生に道を訊ねられる。彼女の名は、枝野凛香(河上英里子)。そしてそれは、例の夢と全く同じシチュエーション。ただし、高次が見たのは凛香の側からの光景だった……。凛香に一目惚れする高次。そして夢の通り、凛香は大学に合格し、入学してくる。“俺には凛香の未来を見る能力があるのか?”浮かれた高次は、凛香しか知らないことをうっかり口にしてしまい、ストーカー扱いされる始末。父親の卓(前田ばっこー)と姉の円(今沙栄子)は、思い悩む高次を心配しつつも、2人には思い当たる節があった。高次が5歳の頃、突然“自分は女の人の生まれ変わりだ”と言い出し、知らない誰かの個人情報を詳しく語り始めたことがあったのだ。卓と円は、15年ぶりに高次を心理学者の時田伝馬博士(若林立夫)の研究室に連れていく。催眠療法の結果、高次は凛香の生まれ変わりで間違いないらしいことが明らかになるが……。なぜ前世と来世の人物が同時に存在しているのか?自分の前世に恋した男の運命は……?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。