日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

blank13
ブランクジュウサン

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
70分  

俳優の斎藤工が、“齊藤工”名義で手掛けた長編初監督作品。13年間、行方不明だった父の消息が判明。だが、その体はガンに侵されており、息子のコウジと再会した3ヶ月後に他界する。葬儀当日、参列者たちの口からコウジの知らない父の姿が明かされる……。出演は「嘘を愛する女」の高橋一生、「パーフェクト・レボリューション」のリリー・フランキー、「勝手にふるえてろ」の松岡茉優。

スタッフ

監督
齊藤工
原作
はしもとこうじ
脚本
西条みつとし
音楽
金子ノブアキ
主題歌
笹川美和
プロデューサー
佐久間大介小林有衣子

出演者

ストーリー

突然蒸発し、13年間、行方不明になっていた父(リリー・フランキー)の消息が判明。ところが、ガンを患った父は、その時既に余命3カ月だった。それでも母(神野三鈴)と兄(斎藤工)は借金を残して去った父に会おうとしなかったが、幼い頃にキャッチボールをしてくれた優しい父の記憶が忘れられないコウジ(高橋一生)は病院を訪れ、再会を果たす。それから3か月。家族との溝が埋まらないまま、父がこの世を去った。そして迎えた葬儀当日。参列者が語るエピソードから、家族の誰一人として知らなかった父の真実が明らかになり、取り戻せないと思っていた13年間の空白が埋まってゆく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。