日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母の願い
ハハノネガイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年05月22日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

「とんかつ大将」の山口松三郎の製作で、雑誌『平凡』連載の小糸のぶの原作から、「陽気な渡り鳥」の伏見晁が脚本を書き、「母化粧」の佐々木啓祐が監督に当たっている。撮影は同じく鶴見正二が当たっている。出演者は「朝の波紋」の三宅邦子、「伊豆の艶歌師」の佐田啓二、「波」の桂木洋子、「紅扇」の小林トシ子、「とんかつ大将」の佐野周二のほか、三木隆、増田順二、小林十九二などである。

スタッフ

製作
山口松三郎
原作
小糸のぶ
脚色
伏見晁
監督
佐々木啓祐
撮影
鶴見正二
美術
浜田辰雄
音楽
万城目正

ストーリー

阿部ふじのは医者であった夫を亡くしてから十数年の間女手一つで一雄、真二、千鶴子の三人の子供たちを育てて来た。苦しいその生活の中で、彼女の唯一の希望は、子供の一人が亡夫の志をついで医者になってくれることだった。ところが内気な長男の一雄は医大の入学試験に失敗し、そのまま家へ帰って来なかった。次男の真二は高校野球の花形投手だったが、母の失望を見て、野球選手になる希望をすてて医大を受験する決心をした。ふじのは病院の汚物処理の仕事をして働いていたが、過労がたたり病床に倒れた。真二は母の医療費を受けるために誘いを受けていたプロ野球には入ることになったが、ふじのはそれを知って悲歎にくれた。千鶴子は自分が医師になって父の志をつぐからと母をなぐさめていたが、その時行方不明だった一雄が帰宅した。彼は医大の試験発表の帰路、密輸団の争いに巻き込まれ、怪我をしたのを女給上がりの女京子に救われていたのであった。しかし母の病気に一家が苦労している様子を知ると、密輸団の親分に身を売ることを約束して金を受取りその金を病院へとどけた。けれど一雄の無謀を知った人々の配慮で、密輸団は手入れをされ、一雄は京子と共に無事に家へ帰ることが出来た。快方に向かったふじのは「子供はそれぞれ好きな生き方をさせなければ--」と悟り、真二はプロ野球の花形に、一雄は京子と結婚を許され好きな絵の道へ、千鶴子は一家のよき理解の早坂と結婚することになり、一家は明るい日が訪れた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。