日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

GODZILLA 決戦機動増殖都市
ゴジラケッセンキドウゾウショクトシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2018年05月18日 
製作会社
東宝アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ) 
配給会社
東宝映像事業部 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

ゴジラシリーズ初のアニメーション映画「GODZILLA 怪獣惑星」の続編にして三部作の第二章。帰り着いた二万年後の地球で、ゴジラを倒したものの、姿を現した超巨大ゴジラ“ゴジラ・アース”に敗れたハルオは、地球の住人、フツアの民と出会う……。声の出演は『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の宮野真守、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の櫻井孝宏、「BLAME!』の花澤香菜。監督は「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の静野孔文。『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄が脚本を手掛けている。

スタッフ

監督
静野孔文瀬下寛之
副監督
森田宏幸
演出
吉平“Tady”直弘
シリーズ構成
虚淵玄村井さだゆき
脚本
虚淵玄
ストーリー原案
虚淵玄
キャラクターデザイン原案
コザキユースケ
CGキャラクターデザイン
森山佑樹
美術監督
渋谷幸弘
プロダクション・デザイン
田中直哉Ferdinando Patulli
音楽
服部隆之
音響監督
本山哲
造形監督
片塰満則
色彩設計
野地弘納

出演者

ストーリー

21世紀初頭。突如出現したゴジラが地球を蹂躙し始めた。存亡の危機に瀕した人類は、多くの人命を地球に残したまま、選ばれた人間たちを恒星間移民船・アラトラム号に乗せ、移住可能な約束の地=“タウ星e”を目指して飛び立つ。だが、その計画は失敗。再び地球に戻ることを余儀なくされてしまう。やがて故郷の星に帰り着いたものの、長距離亜空間航行で生じた時空の歪みにより、そこは“二万年後の地球”に変貌していた。その地球でハルオ(声:宮野真守)は、人類と運命を共にする異星人エクシフ、ビルサルドと協力し、20年の時を掛けて考案した決死の“対ゴジラ戦術”を実行する。その結果、激しい攻撃を受けながらも、ゴジラを倒すことに成功。ところが、その喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ“ゴジラ・アース”が姿を現す。それは、二万年もの間、成長を続け、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラだった。その圧倒的な破壊力の前に、なす術もなく敗れ、散り散りになるハルオたち。その時、ハルオを救ったのは、人類の生き残りと見られる“フツアの民”ミアナだった。この地球で初めて出会った人型の生命種族であるフツアは、本当に人類の子孫なのか?“フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える”と語る彼らに、“これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ”と答えるハルオ。一方、ビルサルドの指揮官ガルグ(声:諏訪部順一)は、フツアが使う矢じりが、自律思考金属体“ナノメタル”製である事に気付く。それは、21世紀に彼らが富士山麓で“対ゴジラ決戦兵器”として開発しながらも、起動直前に破壊された“メカゴジラ”を構成する物質だった。そしてその事実は、開発プラントが現存することを意味していた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。