日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

神さまの轍(わだち) checkpoint of the life
カミサマノワダチチェクポイントオブザライフ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2018年03月17日 
製作会社
制作プロダクション:クリエイティブスタジオゲツクロ) 
配給会社
エレファントハウス 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

京都府井手町を舞台に、ロードバイクに情熱を注いだ若者たちを映す青春ドラマ。ロードバイクに熱中する勇利と洋介。やがて勇利はプロに進み、就職した洋介はロードバイクに乗ることすらやめる。別の道に進んだ二人の人生が、思い出の地での大会で再び交わる。監督は「マザーレイク」の脚本を手がけた作道雄。本作で商業映画に進出する。ロードバイクの才能に恵まれた勇利を「ガチバン」シリーズの荒井敦史が、進路に悩む洋介を「ポエトリーエンジェル」の岡山天音が演じる。2018年2月24日より京都先行公開。

スタッフ

監督
作道雄
脚本
作道雄
エグゼクティブプロデューサー
大西辰彦
企画
作道雄
プロデューサー
後藤崇文花木秀章作道雄
音楽
宮内優里中村佳穂
主題歌
フレデリック
キャスティングプロデューサー
星久美子
アソシエイト・プロデューサー
三輪由美子

出演者

ストーリー

京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ロードバイクに夢中になる。どこに向かうか見えなくても無心にペダルを漕ぎ続ける二人。それこそが二人にとっての未来だった。数年後、二人は再会するが、プロのロードレーサーになると決心した勇利と社会人となりロードバイクに乗ることすらやめた洋介は別々の道に進んでいく。掴んだ夢に挫折する勇利。自分の夢を見つけることが出来なかった洋介。大きく変わった二人の人生が、思い出の地・井手町を舞台にしたロードレース大会『ツールド KYOTO2019』で再び交わる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。