日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二つの花
フタツノハナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年04月24日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

「紅扇」に次ぐ小出孝の製作で、永井龍男の原作『鳩舎』から「長崎の歌は忘れじ」の沢村勉が脚色し、「命美わし」の大庭秀雄の監督である。撮影は「本日休診」の長岡博之。出演者は「早春二重奏」の高峰三枝子と若原雅夫、「波」の淡島千景と石浜朗、「紅扇」の柳永二郎のほか、村瀬幸子、信欣三などである。

スタッフ

製作
小出孝
原作
永井龍男
脚本
沢村勉
監督
大庭秀雄
撮影
長岡博之
美術
熊谷正雄
音楽
吉澤博奥村一

ストーリー

有楽町ビルで歯科医をしている末松晶は、父のすすめた結婚に失敗した女性である。夫山口進吉と別れてみて、彼女は幼馴染の従兄池島清紀がずっと自分の心を占めていたことに気がついた。清紀は画家だった。そして立野秋子という愛人があった。しかし彼も晶が一人になったとき、自分が秋子から離れて晶に強く心をひかれ出したことに気がついた。二人はそのため極力接近することをさけたが、賢明な秋子は清紀の心をとりもどすことの無駄なことを知って哀しく諦めた。画の仕事で蒲郡へ行っていた清紀から急病の電報が晶の許へとどいた。晶は夢中で清紀のところへかけつけた。それは自分のためへの遠慮から恋をためらっている清紀と晶とを結びつけてやろうという秋子の優しい心使いから打たれた偽電報だった。その頃秋子は清紀へ手紙を残して神戸への車中にあった。二人の恋の成就を祈りながら--。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。