日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京騎士伝
トウキョウキシデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年05月08日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

製作は「あわれ人妻」の田岡敬一。光畑碩郎の原作から「夢多き頃」の長瀬喜伴が脚色し、「この春初恋あり」の瑞穂春海が監督に当たっている。撮影は同じく布戸章である。主演は「本日休診」の鶴田浩二、「とんかつ大将」の角梨枝子で、吉川滿子、坪内美子、増田順二、民芸の多々良純などのほか、堺駿二の次男正明が子役として初出演する。

スタッフ

製作
田岡敬一
原作
光畑碩郎
脚本
長瀬喜伴
監督
瑞穂春海
撮影
布戸章
美術
浜田辰雄
音楽
田代與志

ストーリー

若くて男振りのいい山部真吉は、母かよと二人でアパート住まいをしていたが、「銀猫」というバーを経営する一方、近辺のやくざとして顔を売っていた。ある日店の女給マリ子の友達園部道子が首飾りを売りたいとマリ子を訪ねて来たのを見て、真吉はその気品のある美しさに一眼で虜になってしまった。道子は落ちぶれても家柄のある家の娘で、幼稚園の経営に一生を捧げていて巷のやくざには高嶺の花だった。しかし真吉はあきらめず、やくざから足を洗って所謂紳士修業をやりはじめた。やがて道子の兄夫婦の事業を援助している矢代という男と知り合ったが、矢代は真吉をさんざん利用して偽株をつかませた。世にいう紳士の正体を知った真吉は二度と喧嘩はしないと道子に誓ったのだったが、矢代のような卑劣な男に道子を渡すことに堪えられず、思い切って鉄挙をふるった。道子はそうした真吉にかえって真実の人間を見たのだった。やがて、酒場を喫茶店に改造した明るい店で働く真吉と道子の朗らかな姿が見られるようになった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。