日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おかる勘平
オカルカンペイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年03月21日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

昭和二十六年十二月帝國劇場公演のミュージカルプレイを原作として、「情炎峡」の小国英雄が脚色し、「水戸黄門漫遊記 地獄谷の豪族」のマキノ雅弘が監督に当たっている。撮影は「決闘鍵屋の辻」の山崎一雄である。主演者は「極楽六花撰」の榎本健一、「哀愁の夜(1951)」の越路吹雪で、その他岸井明、橘薫など舞台人のキャストに、岡田茉莉子、津山路子、木匠久美子など。

スタッフ

製作
宮城鎭治
原作
帝劇文芸部
脚本
小国英雄
監督
マキノ雅弘
撮影
山崎一雄
美術
北川恵笥
音楽
服部良一

ストーリー

丸の内に約半世紀の歴史を誇る帝劇では、「お軽と勘平」の公演をひかえてごったがえしている。三階の稽古場ではまたしても主役の羽根本健一と山路吹雪とが演技のことで喧嘩をしている。日頃お互いに尊敬し合っている二人だが、芸のこととなると夢中でいい合うのだった。山路には教養も資産もある紳士の相馬という許婚者があるのだが山路は舞台をやめることがいやで、結婚を一日のばしにしている。ダンシング・チームの高砂松子は近頃稽古には遅れるし、落着かない様子で、彼女を恋している照明係の後藤の気をもませている。舞台で「顔世」を追いかける「力弥」の渡邊綱も、楽屋では「顔世」の外山霞に借金をかえせと追いかけられている。踊子達の給料が盗まれたときには、羽根本は借金をして黙ってそれを払ってやるし、踊子達は元の仲間の小川夕子が、結婚して赤ん坊を抱いてたずねて来ると、その余り楽でない家計に同情してみんなでお金を出し合ってやる。山路の結婚の話をきいてから、羽根本はもう彼女と喧嘩しなくなった。山路はそれが淋しかった。そうして千秋楽の日が来た。高砂松子の許へ母が死んだという知らせが来る。しかし、最後の舞台を無事つとめるようにという母の遺言で、松子は涙をこらえて踊っている。山路も今日が最後の舞台で万感をこめて舞台をつとめている。やがて最後の緞帳がおりて、山路を送るささやかな宴が舞台で催され、彼女は相馬の自動車で去っていった。人気のない客席に、淋しいそうな羽根本の背後に誰かやって来た。あまりの傷心のさまに、山路が相馬から舞台へ帰ることを許されて引きかえして来たのだった。間もなく次回公演の激しい、しかし活気あふれた稽古がはじまるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。