日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」
ヨシダルイノコヨイホロヨイサカバデ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2017年06月10日 
製作会社
KADOKAWAGYAOギークピクチュアズ 
配給会社
KADOKAWA 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
85分  

テレビ番組『吉田類の酒場放浪記』で各地の大衆居酒屋を巡る吉田類が案内役を務めるオムニバスドラマ。駆け落ちを企む女性アイドル、次々に災難に巻き込まれる平凡なサラリーマン、警察に追われる社長。それぞれが立ち寄った居酒屋で織りなす人間模様を綴る。吉田類は案内役に加え第3話「ふるさと酒場土佐っ子」で故郷に思いを馳せる逃亡中の社長を演じ、主題歌も歌う。ほか、「ボクソール☆ライドショー ~恐怖の廃校脱出!~」の松本妃代、「ボクは坊さん。」の伊藤淳史らが出演。監督は「アルゼンチンババア」の長尾直樹。

スタッフ

監督
長尾直樹
脚本
阿部理沙長尾直樹
企画
栗橋三木也
企画協力
長尾直樹佐藤満
製作
堀内大示荒波修小佐野保
プロデューサー
小林剛佐藤満山邊博文
撮影
松島孝助
美術
福澤裕二
音楽プロデューサー
武田秀二
主題歌
吉田類
録音
橋本泰夫
整音
野村みき
音響効果
橋本泰夫
編集
大月麻衣
衣裳、
下田眞知子
ヘアメイク
梅原さとこ高村明日見
キャスティング
吉川威史細川久美子
制作担当
内山亮
監督助手
齋藤栄美

出演者

ストーリー

なぜか人生のチャンスに見放された者ばかり集まる居酒屋チャンスに、変装した若い女の子が逃げ込んでくる。店主のママが機転を利かせてかくまったところ、彼女は人気アイドルグループのメンバー、エリリンこと山下絵里子(松本妃代)だった。恋愛禁止のルールを破って恋人と駆け落ちしようとしたものの、彼は急に逃げ腰になってしまっていた。落ち込む彼女を励ますママや常連たちだったが、常連客の中には大スクープを狙うマスコミ関係者もいた……。平凡なサラリーマン・日暮義男(伊藤淳史)は、妻と子供が帰省し、今夜は一人居酒屋でささやかに夏休みを楽しもうとしていた。お目当ての店があいにく休みだったため、雑居ビルの行き止まりにある居酒屋・どつぼ酒場に足を踏み入れるが、大将はやる気がなく、出てきたのはスーパーで買った冷凍マグロと生ぬるいビール。嫌な予感がよぎる義男。そんな彼の前に、飲みすぎて倒れる老人、厚化粧に若作りしたファッションのホステス、喧嘩を始めるヤクザの親分と子分など、次々に珍客が現れる……。居酒屋・ふるさと酒場土佐っ子に立ち寄った森本勝也(吉田類)。彼はモリモトファンドの社長で、巨額詐欺の疑いで警察から行方を追われていた。バッグに太いロープを忍ばせ、人生最後の一杯を楽しもうとする彼の目に飛び込んできたのは、故郷・高知の名酒だった。ふるさとの香りと味につられ、高知県の山奥・仁淀川中流域の村で生まれ育った子供時代や、両親、学校の先生、そして幼なじみの翔太との思い出が心に浮かぶ……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。