日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

BLAME!
ブラム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2017年05月20日 
製作会社
東亜重工動画制作局アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ) 
配給会社
クロックワークス 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

弐瓶勉による伝説的SF漫画を劇場アニメ化。テクノロジーが暴走した遠い未来。都市の片隅でかろうじて生き延びていた少女づるは、食糧を求め旅に出るが、防衛システム“セーフガード”の一群に襲われる。その時、高度にサイボーグ化された体を持つ霧亥が現れる。監督は「亜人」の瀬下寛之。声の出演は「虐殺器官」の櫻井孝宏、「orange 未来」の花澤香菜、「心が叫びたがってるんだ。」の雨宮天、「バケモノの子」の山路和弘、「亜人」の宮野真守、「ハーモニー」の洲崎綾、「君の名は。」の島崎信長。

スタッフ

監督
瀬下寛之
総監修
弐瓶勉
脚本
村井さだゆき
原作
弐瓶勉
キャラクターデザイナー
森山佑樹
ディレクター・オブ・フォトグラフィー
片塰満則
美術監督
滝口比呂志
プロダクションデザイナー
田中直哉
音楽
菅野祐悟
主題曲/主題歌
angela
音響監督
岩浪美和
CGスーパーバイザー
吉平"Tady"直弘
色彩設計
野地弘納
副監督
吉平"Tady"直弘

出演者

ストーリー

過去の“感染”により正常な機能を失い無秩序に、そして無限に増殖する巨大な階層都市。都市コントロールへのアクセス権を失った人類は、防衛システム「セーフガード」に駆除・抹殺される存在へと成り下がっていた。そんな都市の片隅でかろうじて生き延びている電基漁師の村人たちも、セーフガードの脅威と慢性的な食糧不足により絶滅寸前の危機に瀕してしまう。電基漁師としての才能があり、村の頭領(声:山路和弘)にも一目置かれている少女・づる(声:雨宮天)は、村を救おうと食糧を求め旅に出るが、すぐさま「監視塔」に検知され、セーフガードの一群に襲われる。仲間を殺され、退路を断たれたその時現れたのは“この世界を正常化する鍵”と言われている「ネット端末遺伝子」を求める探索者・霧亥(声:櫻井孝宏)であった。彼は、自ら“人間”を名乗るが、その体は高度にサイボーグ化され、全てを貫通する銃“重力子放射線射出装置”を持っていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。