日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

情炎峡
ジョウエンキョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年02月08日 
製作会社
芸苑プロ新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

製作は石田達郎。「殘菊物語」「人生劇場」など新作もので知られた秩父重剛の原作・作曲で、「稲妻草紙」の小国英雄が脚本を書き、「メスを持つ処女」の小田基義が監督に当たっている。撮影は「暁の急襲」の山中晋。出演者は浪曲師春日井梅鴬、「落花の舞」の田崎潤に、久しぶりの霧立のぼるの他、野上千鶴子、三島雅夫、藤原釜足などである。特別出演として十返舎龜造、菊次がでている。

スタッフ

製作
石田達郎
原作
秩父重剛
作曲
秩父重剛
脚本
小国英雄
監督
小田基義
撮影
山中晋
美術
伊藤寿一
音楽
渡辺浦人
特別出演
十返舎龜造十返舎菊次

ストーリー

浪曲界の権威立花春月の門下で未来を嘱望されていた右近は、師匠筋の曲師光江と愛し合い、光江が右近へ走ったことから、破門され、全国の浪曲界から閉め出しを喰って流浪の旅をつづけた。その苦しい旅寝に、彼は「情炎峡」の新曲を作るのに精進した。光江は無理な生活がたたって病をえたが、右近のあたたかい看病に光江は幸福だった。しかし偶然に会った春日とその曲師トミ子にすすめられ、右近を世に出すため、光江はひとまず姿を消した。光江を失った右近は自棄におちいったが、網元の長谷川清蔵に救われ、自分の浪曲に素朴な賛美を送ってくれる漁師たちの姿を見て心機一転、やがて浪曲名人会で「情炎峡」を語って絶賛をあびた。トミ子のはからいで、右近は臨床の光江に再会し、成功のよろこびをわかち合うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。