日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年06月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嵐の中の母
アラシノナカノハハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年02月07日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Mother in the Storm  
上映時間
86分  

製作は「遊民街の夜襲」のマキノ光雄、脚本は「群狼の街」の八住利雄で、監督は「恋の蘭燈」の佐伯清、撮影は「ブンガワンソロ」の横山実が当たっている。出演者の主なものは、「母化粧」の水谷八重子、「わかれ雲」の沼田曜一、「大空の誓い」の香川京子、「母なれば女なれば」の岸旗江のほかに、原保美、直木三千代、南川直等である。

スタッフ

製作
マキノ光雄
脚本
八住利雄
監督
佐伯清
撮影
横山実
美術
加藤雅俊
音楽
大森盛太郎

ストーリー

尾形圭一は終戦後間もなく中国から復員して初夏の品川駅に降り立った。懐かしい母稲子と、亡夫の友人坪井の娘で、みなし子となって尾形家へ引取られた登美とが出迎えてくれた。久しぶりの登美は美しい娘に成人し、稲子と共に圭一を心から喜んで迎え、圭一も登美にひきつけられた。稲子も二人が結ばれることを望んでいるようだった。しかしある日圭一は戦地で愛情もなく結ばれた元看護婦の恒子に出会った。その日、戦友の永江が来て、戦争犯罪人裁判の呼び出し状が来たから妻子をつれて北海道の山奥へ逃げるのだといい、同じ虐殺事件に関係ある圭一にも逃げることをすすめた。その後恒子をその働いているダンスホールにたずねた圭一は、恒子が自分の子、明を生み、育てていることを知った。その夜帰宅した圭一を待っていたのはやはり戦争裁判の呼び出し状だった。稲子は圭一を信州へ逃がそうとしたが、圭一は戦争に負けたから戦争犯罪人が裁かれるのではない、全世界の良心と理性の前で裁かれねばならないといって、恒子と明のことを母に託して中国代表部へ出頭し、やがて中国へ送られて行ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/06/29]

映画情報を108件更新しました。