日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

...and LOVE
アンドラブ

作品名でWeb検索する
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
92分  

グラビアアイドル杉原杏璃が上梓した自伝的小説を、杉原自身の主演で映画化。グラビアアイドルのアンは成功を掴むが、ある日、かつての自分から離れていることに気付く。そこで活動に期限を設け、男たちと関係を重ねながら、アイドルとして懸命に駆け抜ける。監督は「パーティは銭湯からはじまる」の松田圭太。グラビアアイドル業界の裏側を活写する。お笑い芸人の古坂大魔王、「牙狼」シリーズの肘井美佳らが共演するほか、森下悠里、池田夏希らグラビアアイドルたちが集結。

スタッフ

監督
松田圭太
脚本
高橋ナツコ
原作
杉原杏璃

出演者

ストーリー

アン(杉原杏璃)は故郷の海になぞらえ、碧い海のようなアイドルになりたいとの思いでグラビアアイドルとして活動。なかなか芽が出なかったが、ブログで自分の魅力をアピールするうちに50万人を超す読者がつき、様々な仕事が舞い込むように。先輩からのいじめやファンからの行き過ぎた行動などトラブルに見舞われながらも、ファンに喜ばれるため、そして目指すアイドル像になるためにはどうしたらいいか考え続けてきた。しかしある日、同郷の友人と電話をしていたところ、声が変わったようだと指摘される。ファンに喜んでもらうための行動を考えてきたつもりだったが、偽りの自分を演じているのではないかと不安になるアン。30歳を過ぎ、アンは嘘のない生き方をして本当の自分の声を取り戻そうと、グラビアアイドルとしての活動はあと1年限りとし、懸命に走り抜くことを決心する。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。