日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

瞼の母(1952)
マブタノハハ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月08日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

原作は長谷川伸。脚色は「母千鳥」の松田昌一で、「月から来た男」の佐伯幸三が監督し、同じく牧田行正が撮影している。配役は、「母子船」の三益愛子、「十六夜街道」の堀雄二、「のど自慢三羽烏」の沢村晶子、「大当りパチンコ娘」の関千恵子のほか、藤原釜足、澤村國太郎、浦辺粂子、マキノ智子、新入社春本富士夫などである。

スタッフ

原作
長谷川伸
脚本
松田昌一
監督
佐伯幸三
撮影
牧田行正
美術
川村鬼世志
音楽
渡辺浦人

ストーリー

武州金町生れの半次郎は飯岡身内のものを斬ったため、喜八、七五郎の二人に追われ、江戸柳島妙見堂地内の水熊という料理屋へ逃げ込んだ。故郷の母に一眼会ったら斬られようと命乞いする半次郎の必死の言葉をきいた水熊の女主人おはまはなかにはいって彼を逃がしてやった。その時おはまが五歳のとき江州番場宿へおいて来た忠太郎という男の子が、いまはやくざに身を落としているときくが、忘れたことがないといった言葉を半次郎は忘れなかった。そしてくすしい縁で、再び喜八、七五郎に追いつかれたとき、助けてくれて、無事母親や妹に会わしてくれた旅人がその忠太郎だった。半次郎の言葉で忠太郎は、瞳をとじればその裏に浮かぶなつかしい母を訪ねて水熊をおとずれるが、折から一人娘のお登世の婚礼の日だった。木場の大家へもらわれて行くお登世にやくざの兄があってはと、おはまは心を鬼にして忠太郎を冷く追いかえした。忠太郎はこの婚礼に横槍を入れる無頼漢の弥八を追うっぱらってやったことに、兄らしいよろこびを感じて立ち去ろうとするが、折から聞こえるおはまのうつ法華太鼓に、思わずひきつけられて引きかして行った。もうあえないとあきらめた忠太郎の姿に、おはまは最草自分をおさえることが出来なかった。二人はひしと抱き合ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。