日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

群狼の街
グンロウノマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

脚本は「母子船」の八住利雄。「飛騨の小天狗」の小石栄一監督で、同じく姫田真佐久が撮影に当たっている。出演者は、「炎の肌」の久我美子、三條美紀、「飛騨の小天狗」の菅原謙二、星美智子、「愛染橋」の三橋達也「のど自慢三羽烏」の小林桂樹、「平手造酒(1951)」の山村聡、「東京悲歌」の伏見和子その他の助演陣。

スタッフ

脚本
八住利雄
監督
小石栄一
撮影
姫田真佐久
音楽
廣崎藤一
美術
仲美喜雄

ストーリー

働きながら学問をする学生アルバイトの群。その学生たちを喰いものにするボスがいる。杉田組の杉田仙造がそれだった。東都大学のアルバイト学生の江口、柳澤、久山たちは集まって、杉田がこんど作った学生アルバイト協会なるもののからくりを洗おうと協議した。しかしアルバイト学生にも闇で儲けている川村のような者もあるし、金のため堕落した女学生たちもあった。児玉みどりもその一人だった。宇和島見奈子は、宇和島組の社長だった父が病に倒れてからは生活が苦しくなり、みどりや澄江のいるキャバレーで働こうとするが、酔漢にたわむれかかられている様子に恐れをなした。江口は学生新聞の責任者で、新聞に杉田組の裏面をあばいたがそのバックに椎名商事会社というのが浮かび上がり、その社長に和子の父宇和島源吉の名があるのにおどろいた。杉田が勝手に昔の恩人源吉の名を利用していたのである。源吉はそれをなじりに行き、かえって杉田一味に殺された。椎名商事の不正工事にアルバイト学生が監禁同様に使役されていると知って江口は勇敢にビルの地下室へしのび込み作業中の学生を救出しようとして杉田一味と乱闘になるが、見奈子の急報で警官隊がかけつけ、杉田一味は縛につき、働く学生たちに凱歌が上がった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。