日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

団地
ダンチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2016年06月04日 
製作会社
キノフィルムズ 
配給会社
キノフィルムズ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

「顔」の藤山直美と阪本順治監督が再タッグを組んだ人間ドラマ。家業を畳んで団地に越してきた一組の夫婦。ある日ヘソを曲げた夫が床下に隠れてしまうが、夫の姿が消えても淡々と過ごす妻に隣人たちは妄想を膨らませる。さらに妙な青年も現れ……。出演は、「正しく生きる」の岸部一徳、「今度は愛妻家」の石橋蓮司、「春の雪」の大楠道代、「高台家の人々」の斎藤工。

スタッフ

監督
阪本順治
脚本
阪本順治
製作総指揮
木下直哉
プロデューサー
武部由実子菅野和佳奈
撮影
大塚亮
美術
原田満生
装飾
栗山愛
音楽
安川午朗
音楽プロデューサー
津島玄一
録音
尾崎聡
照明
杉本崇
編集
普嶋信一
衣装
岩﨑文男
ヘアメイク
小沼みどり
製作担当
松田憲一良
助監督
小野寺昭洋
スクリプター
今村治子
VFXプロデューサー
西尾健太郎

出演者

ストーリー

山下ヒナ子(藤山直美)とその夫・清治(岸部一徳)は、とある事情で家業の漢方薬局を畳み、団地に引っ越してくる。そこには、自治会長の行徳(石橋蓮司)と妻の君子(大楠道代)、クレーマーで次期会長を狙う吉住(宅間孝行)に、暇を持て余した奥さま連中が暮らしていた。ある日、些細な出来事でヘソを曲げた清治が、「僕は死んだことにしてくれ」と床下に隠れてしまう。夫の姿が消えても淡々とパートに通い続けるヒナ子の言動に、隣人たちは妄想を膨らませる。さらに妙な立ち居振る舞いの青年・真城(斎藤工)が山下家を訪ねてきて……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。