日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

この春初恋あり
コノハルハツコイアリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年01月20日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

製作は「適齢三人娘」の小倉武志、脚本は「夢と知りせば」の馬場当に山内久が協力、監督は「あの丘越えて」の瑞穂春海が当たっている。撮影は「飛び出した若旦那」の布戸章。出演者の主なものは「女ごころ誰か知る」の高峰三枝子、「適齢三人娘」の若原雅夫と小林トシ子、「命美わし」の佐田啓二のほか、吉川満子、細川俊夫、文学座の龍岡晋など。

スタッフ

製作
小倉武志
脚本
山内久馬場当
監督
瑞穂春海
撮影
布戸章
美術
浜田辰雄
音楽
万城目正田代與志

ストーリー

三田村恭介の長女慶子は狂言自殺二回、家出未遂三回の手に負えぬ変わり者で、弟五郎も酒とダンスとプロ野球にうつつをぬかすドラ息子だった。次女の葉子だけはチャッカリ娘だったが、原一平という恋人があった。三人の母信乃は見得っぱりのヒステリーで原一平の如き財産のない男はと反対するが、慶子の取りなしで交際を許されることになる。一平の下宿先海江田教授の夫人は慶子の旧師で、そんなことから慶子は一平の人柄を知り、生まれて初めて恋を知るが妹の恋人ではあきらめるよりてはなかった。その慶子の尽力でようやく一平の恋を結ぶことになるが、結婚後四国の山地へダム工事の技師として赴任するという一平に、信乃と葉子は恭介の会社へ勤めることを条件に出してこの結婚話は決裂してしまった。慶子は一平のためなら、四国へでもどこへでもと、荷物をまとめ、四回目の、最後の家出を決行するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。