日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

十字架
ジュウジカ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
122分  

吉川英治文学賞受賞の重松清の同名小説を映画化。自殺した中学生の両親や同級生が20年に渡り苦悩する人間ドラマ。監督・脚本は、「半次郎」の五十嵐匠。出演は、「ジョーカーゲーム」の小出恵介、「ピース オブ ケイク」の木村文乃。

スタッフ

監督
五十嵐匠
脚本
五十嵐匠
原作
重松清
製作
嶋田豪
プロデューサー
関顕嗣
撮影監督
吉沢和晃
美術
池谷仙克
装飾
谷田祥紀
音楽
宮本かんな
主題歌
lecca
録音
臼井勝
照明
山口峰寛
編集
森崎荘三
衣装
野村明子
メイク
芳野史絵
助監督
西原裕貴
宣伝プロデューサー
植田繁

出演者

ストーリー

中2の秋、フジジュンこと藤井俊介(小柴亮太)が自殺した。いじめグループへの叫びと共に、遺書には2人の名前があった。同じクラスのユウこと真田祐には親友になってくれた礼を、別のクラスでテニス部のサユこと中川小百合には誕生日の祝いの言葉があった。フジジュンの死は大きく報道され、中学校の名前は全国に広まった。フジジュンの父親(永瀬正敏)はいじめを知りながら何もしなかった者たちを許そうとせず、遺書によって親友とされたユウを激しく責める。しかし、ユウには親友と呼ばれる覚えはなかった。確かに幼なじみだったが、中学になってからはあまり話をすることもなくなり、その上、酷いいじめを知りながら傍観する生徒の一人だった。一方、フジジュンからの誕生日プレゼントが、彼の死後に宅急便で届いたサユは、ショックで学校を数日休んだ。息子の思い出にすがって命をつなぐフジジュンの母親(富田靖子)は、“親友”のユウに感謝し、息子が片思いをしたサユに心を許した。中学の卒業式、終了間際に式場に入って来たフジジュンの父親は、彼の遺影を高々と頭上に掲げ、無言で皆に対峙する。高校生になったユウとサユは、背負った十字架の重さを思いながら、やがて付き合うようになる。2人は町を出るため、東京の大学へ進学することにする。しかし、フジジュンの母親に高校卒業のお祝いに招かれた日、それぞれが必死に抑えていたものが溢れ出す……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。