日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

髭のある天使
ヒゲノアルテンシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
 
製作会社
都映画社東宝 
配給会社
 
レイティング
 
英語名
 
上映時間
分  

結核予防協会が、都映画社とタイアップし、東宝の協力を得て製作した結核予防映画。「銀座の踊子」の田尻繁が、鈴木宇佐美、古城菅也の原案を脚本に書き監督したもの。出演者の顔ぶれには、「暴夜物語」の藤田進、「情艶一代女」の夏川静江、松竹ロビンスの大岡虎雄、その他御橋公、高堂国典、塩沢登代路、出雲八重子などが見える。

スタッフ

製作
金井喜一郎古城菅也
原案
鈴木宇佐美古城菅也
脚本
田尻繁
監督
田尻繁
撮影
遠藤精一
音楽
塚原晢夫

出演者

ストーリー

ある中学校での出来事、校医の宇留島ドクターは、あるツベルクリン反応検査の日、野球部の主戦当主の反応が陽性であったので試合に出場することを禁止した。試合を前にひかえて、先輩の松竹ロビンスの大岡選手もコーチに来てくれ、はりきっている折から、野球部員は一度だけ榎本に出場を許してやって欲しいとたのむが、宇留島先生はきかなかった。自覚症状がないため、榎本少年には、先生の処置が納得ゆかず、段々心もちをゆがませて行った。ついに、野球部の記念撮影の時に、その気持ちが爆発して、「一緒に写真を撮らないか」という友の声をあとに、その辺の椅子を蹴ちらしておいて、丘の方へかけのぼつて行った。そして丘の上から、底なしの沼といわれる泥沼の方へころげおちて行った。泥の中へ沈み込んで行きそうになった彼は、探しに来た先生方や友だちの手で救われた。泥臭い彼をいたわりながら帰路についたとき、宇留島ドクターは、たった一度位大丈夫だと、柔道大会へ親友の宮田を出場させ、勝負には勝たせたが、その宮田を死なせてしまったこと、それから自分が結核と闘う決心をしたことを語ってきかせた。榎本少年は、自分の軽率を恥じ、自重して、きっと病に打ち勝とうと決心するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。