日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

筑波海軍航空隊
ツクバカイグンコウクウタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2015年08月01日 
製作会社
企画・製作 プロジェクト茨城)(制作プロダクション シグロ制作 パルコ) 
配給会社
パルコ配給協力 シグロ) 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

茨城県笠間市に存在した戦闘機の教育訓練部隊“筑波海軍航空隊”。太平洋戦争当時、この部隊で訓練を受け、特攻隊として出撃した若者たちの姿を、生存者の証言や残された日記などから辿ったドキュメンタリー。終戦70周年を迎え、当時の若者の心情や取り巻く状況を明らかにし、戦争がもたらしたものの大きさを改めて問いかける。

スタッフ

監督
若月治
音楽
西井夕紀子

出演者

ストーリー

敗色濃厚な太平洋戦争末期。爆弾を抱えた零戦で、アメリカの軍艦に体当たり攻撃を命じられた若者たちがいた。生きて帰ることのない“神風特別攻撃隊=カミカゼ”と呼ばれた若者たちだ。茨城県笠間市に存在した戦闘機の教育訓練部隊“筑波海軍航空隊”でも84名の若者が沖縄戦のための特攻隊に編入され、60名が亡くなった。その中心は、学徒出陣のために大学を中退し、特攻隊に志願した若者たち。“お国のために”命を投げ出すしかなかった時代の空気の中での志願だった。戦後70年を経て戦争経験者の高齢化が進み、その体験を語る機会が失われつつある。本作では、戦争の終結によって生き残った元特攻隊員の証言を集め、その素顔を探ることによって彼らが経験した戦争の真実に迫る。筑波海軍航空隊の司令部庁舎など、当時の建物が現存する笠間市では、地元の人々によって戦跡の保存や資料収集など、町に刻まれた戦争の事実の掘り起こしが行われている。自分たちの町で飛行訓練を行い、出撃していった特攻隊員たち。これまで語られることのなかった彼らの想いに耳を傾け、知られることのなかった事実を調査し、次世代にどう伝えていくのか。地元の人々の熱い想いと丁寧な取り組みが、本作に結実した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー/モノクロ
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /HD /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。