日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おかあさんの木
オカアサンノキ

作品名でWeb検索する

児童文学者の大川悦生が発表し、長年に渡って小学校の国語教科書にも採用されてきた物語を映画化。戦時中、7人の息子を次々と兵隊にとられ、その度に桐の木を植えた母親の姿を通じて、母子愛と戦争の悲劇を描く。出演は「救いたい」の鈴木京香、「映画 ST赤と白の捜査ファイル」の志田未来。監督は「瞬 またたき」の磯村一路。

スタッフ

出演者

ストーリー

現代。のどかな田園地帯に佇む7本の古い桐の木。土地の整備事業のため、役所の職員2人が伐採の許可を取りに向かった先は、老人ホーム。そこで待っていた高齢の女性サユリ(奈良岡朋子)は、時折朦朧とする意識の中、静かに力強く呟く。“あの木を切ってはならん……。あれは、おかあさんの木じゃ……。”そして彼女は、ある悲しい物語を語り始めた。今から100年ほど前。長野県の小さな田舎の村。若く美しい女性ミツ(鈴木京香)は、想いを寄せていた謙次郎(平岳大)と結婚。裕福とはいえない生活だったが、一郎、二郎、三郎、四郎、五郎と元気な男の子に恵まれ、幸せな日々を送っていた。6人目の男の子・誠だけは、請われて姉夫婦の元へ里子に出したものの、さらに末っ子の六郎が生まれ、家の中はいつも賑やか。ところが突然、謙次郎が心臓発作で急死。呆然とするミツを支えたのは、6人の息子たちだった。それから数年。逞しく成長した息子たちを、今度は戦争が奪ってゆく。まずは一郎(細山田隆人)、そして二郎(三浦貴大)……。“お国のため”という名目の下、息子たちを複雑な思いで送り出すミツは、彼らが出征してゆく度に1本ずつ桐の木を庭に植えてゆく。まるで木に息子たちの魂が宿っているかのように、優しく語りかけながら。そんなミツを気遣うのは、謙次郎の親友・昌平(田辺誠一)とその娘サユリ(志田未来)だった。だが昌平は郵便局員という立場上、ミツに息子たちの戦死を告げる辛い役回りも担当することになる。長い戦争が終わっても、7人の息子たちは誰一人として戦地から帰ってこなかった。それでもミツは7本の桐の木を大事に育てながら、いつか誰かは戻って来ると信じて待ち続けた。終戦翌年の冬。唯一、生死が確認できなかった五郎(石井貴就)が、傷だらけの姿で戻って来る。傷付いた足を引きずりながら、やっとの思いで帰り着いた五郎が、懐かしい我が家で見たものとは……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。