日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ドラゴンボールZ 復活の「F」
ドラゴンボールゼットフッカツノエフ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

1984年~1995年の11年間『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、熱狂的な人気を誇った漫画『ドラゴンボール』。世代や国境を超え今なお広く親しまれている同シリーズの劇場版第19作目。前作「神と神」の続編にあたり、復活を遂げ復讐を目論む悪の帝王フリーザと孫悟空たちとの死闘を、原作者の鳥山明が自ら脚本やキャラクターデザインを手がけ描く。監督は『ドラゴンボールGT』や『墓場鬼太郎』の総作画監督を務めた山室直儀。本作が初監督作品となる。『ゲゲゲの鬼太郎』の野沢雅子、『それいけ! アンパンマン』の中尾隆聖、「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY」の山寺宏一らが声の出演をしている。2D/3D同時公開。

スタッフ

監督
山室直儀
脚本
鳥山明
原作
鳥山明
キャラクター・デザイン
鳥山明
作画監督
山室直儀
撮影監督
元木洋介
美術監督
行信三
音楽
住友紀人
主題歌
ももいろクローバーZ
バトルソング
マキシマム ザ ホルモン
製作担当
藤岡和実
特殊効果
太田直
CGディレクター
牧野快
色彩設計
堀田哲平

出演者

ストーリー

破壊神ビルス(声:山寺宏一)との戦いが終わり、地球に平和が戻ってきた。そんな中、フリーザ軍の生き残りであるソルベとタゴマが軍の再起を図りフリーザ(声:中尾隆聖)を蘇らせようと、ドラゴンボールを求め地球に接近。ついに悪の帝王フリーザは復活を果たす。地球に大挙する新フリーザ軍と衝突する悟飯(声:野沢雅子)やピッコロ(声:古川登志夫)、クリリン(声:田中真弓)。そしてさらに力をつけたフリーザが、悟空(声:野沢雅子)らの前に現れる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム・ビデオ 他 /D-Cinema(3D) /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。