日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ブラック・フィルム
ブラックフィルム

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

映画のオーディションを舞台に、主役を狙う若い女優たちの嫉妬や憎悪が引き起こす怪奇現象を描くサスペンス・ホラー。監督・脚本は、「KIDS」の荻島達也。出演は、元モーニング娘。で、「とびだせ新選組!」の新垣里沙、「work shop」の古川雄大、「ゾンビアス」の中村有沙、「はなればなれに」の斉藤悠。

スタッフ

監督
荻島達也
脚本
荻島達也
原案
荻島達也大勝ミサ
エグゼクティブプロデューサー
大勝ミサ
プロデューサー
川越美男窪田浩樹近貞博
協力プロデューサー
伊佐友一
撮影監督
栗田東治郎
音楽制作プロデューサー
高橋誠
録音
西岡正己
編集
遠藤香代子
アシスタントプロデューサー
斎藤香織
助監督
小山亮太
制作プロデューサー
寺内康太郎
特機
佐藤雄大

出演者

ストーリー

女優となり、映画に出演することを夢見る中沢沙織(新垣里沙)。幼い頃に父を亡くし、病弱な母と妹を守ってきた彼女にとって、女優になることは母への恩返しでもあった。しかし、母の余命がいくばくもないと知った沙織は、最後のチャンスとしてあるオーディションに参加する。それは、海外の映画賞を総なめにし、新進気鋭と称される監督・田澤啓一(赤塚真人)の最新映画「リアル・アクトレス」のキャスティングを兼ねたワークショップだった。そこには、各プロダクションイチオシの新人俳優である男女12名の他、映画プロデューサーの宮崎亮介(天宮良)やチーフ助監督の小川卓也(古川雄大)も参加し、一週間で配役を決めるという。沙織のひたむきな演技が評価され、事務所の代表・佐藤豊(渡辺裕之)の薦めもあり、主役に抜擢されるという声がささやかれ始めたころ、大手芸能事務所の若手女優・大垣美穂(中村有沙)が参加してくる。沙織とは対照的に華やかでしたたかな美穂は、主役を獲るためなら手段を選ばない。その執念と憎悪に、沙織の心も次第に黒く染まっていく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /HD /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。