日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あわれ人妻
アワレヒトヅマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年11月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

製作は田岡敬一、故林芙美子の原作から「純白の夜」の柳井隆雄あ脚色し、「天明太郎」に次いで池田忠雄の監督作品。撮影は「母恋草」斎藤毅。出演者の主なものは「東京悲歌」の若原雅夫、「飛び出した若旦那」の角梨枝子と市川小太夫。その他村田知英子、有島一郎、二十の扉の柴田早苗、宗十郎未亡人の河村菊江が久々で出演しているなどである。

スタッフ

製作
田岡敬一
原作
林芙美子
脚色
柳井隆雄
監督
池田忠雄
撮影
斎藤毅
美術
浜田辰雄
音楽
万城目正

ストーリー

渡利啓子は、名誉心の強い兄夫婦の家を出て自活していた。勤める会社の同僚で、なりふりかまわないが、才能と温い心の持主である友田浩内との友情がやがて恋になって、二人は部長岸田を通して結婚を啓子の兄に取りなしてもらうように頼む。悦二夫婦は猛烈に反対して啓子を国務大臣の孫と結婚させようと策動して、啓子を自分の邸に監禁同様して引取ってしまう。啓子は次兄の登夫婦の助けを求め、やがて邸を抜け出して友田と熱海へ駆け落ちして、郊外にささかやながら新居をかまえる。一緒に生活して見ると、友田の無神経さが啓子のデリケートな心の動きとはうまく合わないところもあって、時には二人の間に冷い空気が流れるようなこともある。悦二は尚も執念深く二人の間を裂こうとして、友田の馘首を会社に迫るので、岸田の計いで友田は大阪へ転勤になることになる。啓子はそうとは知らず友田が勝手に大阪行をきめたと大いに腹を立ててあわや破局に瀕するが、嫂の頼子が啓子を迎えに来たことから友田は初めて事の真相を明かす。自分の軽卒を恥じた啓子は、改めて岸田部長や登夫婦、母妙子の立会でささやかながら正式の結婚式をあげて、大阪へ旅立つのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。