日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

想いのこし
オモイノコシ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
118分  

岡本貴也の小説『彼女との上手な別れ方』を映画化したヒューマンドラマ。不慮の事故で亡くなった人たちの想いを、残された人に伝えることになった男の心境の変化を描く。出演は、「オー!ファーザー」の岡田将生、「桜、ふたたびの加奈子」の広末涼子、「トリハダ 劇場版」の木南晴夏。監督は、「ツナグ」の平川雄一朗。

スタッフ

監督
平川雄一朗
脚本
岡本貴也HARU
原作
岡本貴也
原案
原田知明木村元子
企画
遠藤茂行
プロデューサー
木村元子
撮影
葛西幸祐
美術
磯田典宏
音楽
松谷卓
音楽プロデューサー
北原京子
主題曲/主題歌
HY
録音
矢野正人
整音
矢野正人
照明
常谷良男
編集
栗谷川純
衣裳デザイン
十川ヒロコ
挿入歌
Giselle4

出演者

ストーリー

金と女に目がない29歳のダフ屋・ガジロウ(岡田将生)は生粋の遊び人で、甘いマスクで次から次へと女を口説き、軽口でチケットを売りさばく日々を過ごしている。そんな彼が、ある日、不慮の交通事故に遭う。ガジロウは幸い無傷で済むが、その事故で亡くなったポールダンサーのユウコ(広末涼子)と彼女の仲間たちが現れる。小学生の一人息子・幸太郎(巨勢竜也)を残して死んでしまったユウコ、結婚式を目前に控えていたルカ(木南晴夏)、同級生に想いを寄せていたケイ(松井愛莉)、やり残した仕事を忘れられない元消防士のジョニー(鹿賀丈史)。彼らはこの世に大きな未練を残し、大切な人に伝えたい“想い”を抱えていた。ユウコたちは、ただ一人、死んでしまった自分たちの姿が見えるガジロウに、お金と引き換えにやり残したことを叶えてほしいと懇願する。ガジロウは嫌々ながらも大金に目がくらみ、4人の未練を叶えることを引き受けるが、彼らの代わりに大切な人に想いを伝えていくうちに、お金と女にしか興味のなかった彼の心が大きく変化していく。そして、一人息子を残してこの世を去れないユウコと残された幸太郎の深い想いと愛を知ったとき、ガジロウは思いもよらぬ行動に出る……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。