日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

南風(1951)
ミナミカゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年09月14日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「純白の夜」の小出孝の製作で、富田常雄の原作を「七つの宝石」の沢村勉が脚色し、「母恋草」の岩間鶴夫が引つづき監督に当っている。撮影は「若い季節(1951)」の森田俊保。出演者は、「舞姫(1951)」の高峰三枝子に、「若い季節(1951)」の若原雅夫、「母恋草」の岸恵子に柳永二郎、吉川満子、伊沢一郎などの助演である。

スタッフ

製作
小出孝
原作
富田常雄
脚色
沢村勉
監督
岩間鶴夫
撮影
森田俊保
美術
平高主計
音楽
万城目正

ストーリー

柔道界の雄、O大学の濱誠一郎は九州からの東京へ帰る列車中で、美しい女性の姿を見て心をひかれた。帰京後恩師津田青峯の紹介で築地の料亭「時津」の家庭教師となったが車中の美しい女性はその家の娘で、「クイン・レコード」の歌手添島環であった。彼女はアパートに別に住んで歌の勉強にいそしんでいた。環も誠一郎に心をひかれるようになったが「時津」へ金を貸したことを笠に着て、強引に環に求婚をしている柔道六段で土建会社の社長の伊丹眞之助という男があった。伊丹は環と誠一郎との接近を快よく思わず、無理にでも環を自分のものとしようと迫るが、環は、「柔道選手権試合に勝った人と結婚する」といってのがれた。神聖な試合に女性を賭けるなどということは誠一郎の意に染まなかったが、環への愛情のためには後へはひけなかった。伊丹は卑怯にも自分の情婦に誠一郎を誘惑をさせたり、子分に夜討ちをかけさせたりしたが、少しもひるまなかったが、試合当日になって、不幸にも足をくじき伊丹との決戦をあきらめなければならなかった。伊丹の優勝祝賀会に出た青峯氏は柔道は実力で決すべきだといって、再び環の窮地を救った。伊丹から挑戦状をつきつけられた誠一郎は、誰にも黙って一人痛む足をひきずって伊丹の道場へ乗り込み、見事得意の一本背負で伊丹を投げた。数日の後、九州へ向う列車中に誠一郎と環の晴やかな姿が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: 白黒
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/03/26]

映画情報を52件更新しました。