日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

受難(2013)
ジュナン

作品名でWeb検索する
レイティング
 
英語名
 
上映時間
95分  

姫野カオルコの同名小説を「惑星のかけら」の吉田良子監督が映画化。ある日突然、陰部に人面瘡が棲みついた女性の愛と性を描く。出演は「009ノ1 THE END OF THE BEGINNING」の岩佐真悠子、「ぼっちゃん」の淵上泰史、「クリアネス」の伊藤久美子、「シャニダールの花」の古舘寛治。音楽はTVドラマ『あまちゃん』の大友良英。

スタッフ

監督
吉田良子
脚本
吉田良子
原作
姫野カオルコ
製作
重村博文小西啓介宮路敬久
プロデューサー
山口幸彦小林智浩宮崎大
撮影
芦澤明子
美術
平井淳郎
音楽
大友良英
録音
伊藤裕規
照明
御木茂則

ストーリー

修道院生活育ちのフランチェス子(岩佐真悠子)は、いつも孤独だった。なんとか社会生活に足を踏み入れた彼女であったが、どうして男女は付き合うのか、なぜセックスをするのか、という疑問にぶつかり悶々とする毎日を送っている。そんなある日、彼女の陰部に突然、人面瘡ができてしまう。しかもその人面瘡は、「お前はダメな女だ」と主人であるフランチェス子を日々罵倒する相当ひねくれた人格の持ち主だった。彼女は人面瘡を“古賀さん”と名付け、罵詈雑言を浴びながらもけなげに共同生活を送り始めるが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。