日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

燦燦 さんさん
サンサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2013年11月16日 
製作会社
埼玉県=SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 
配給会社
デジタルSKIPステーション=東京テアトル 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

長年の介護の末、夫に先立たれた女性が、人生の終わりを輝かせるべくパートナーを探すドラマ。第6回シネマプロットコンペティションにてグランプリおよびSKIPシティ賞を受賞した外山文治の「燦燦」を原案に、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザが実施する若手映像クリエイター育成・支援プログラムD-MAPを通じ映画化された。外山文治監督は先に発表した自主制作映画「此の岸のこと」で老いと向き合う夫婦を描き、モナコ国際映画祭2011短編部門最優秀作品賞を受賞。新たなパートナーを探す77歳の女性を「人生、いろどり」の吉行和子が、結婚相談所を通じ知り合う男性を「四十七人の刺客」の山本學が、亡夫の親友を「ゴジラ」の宝田明が演じている。

スタッフ

監督
外山文治
脚本
外山文治
原案
外山文治
プロデューサー
井西政彦樋口慎祐
スーパーバイジングプロデューサー
久保田修
共同プロデューサー
山本晃久
撮影監督
上野彰吾
装飾
うてなまさたか
音楽
朝岡さやか松本あすか
編集
加藤ひとみ
衣裳デザイン
川崎健二
ヘアメイク
平林純子
助監督
西保典

ストーリー

長年の介護の末に夫に先立たれた鶴本たゑ(吉行和子)は、息子たちとも離れて一人で暮らしている。老人クラブ燦燦会に顔を出すようにしているが、年寄りじみた活動が多く違和感がある。淡々と日々が過ぎゆく中、ふとウェディングドレスを目にしたことから、パートナーを見つけて人生の花道を輝かせたいと思い立つ。結婚相談所を訪れ、同世代の様々な男性と会うたゑ。担当の橘(田川可奈美)は、たゑの前向きな姿勢に触れ、次第に応援するようになる。ある日、仕事一辺倒で退職を機に熟年離婚をした能勢雄一郎(山本學)と出会う。求めるパートナー像に共感し、誠実そうな能勢に好感を抱いたたゑは、彼ともう一度会いたいと思う。息子の反対をよそにたゑは能勢とデートをし、初恋のような胸のときめきを感じる。彼と過ごす時間が幸せに満ち、彼の存在がたゑの中で大きくなっていたが、その様子に亡夫の親友で燦燦会の会長を務める森口慎二(宝田明)は気をもんでいた。そんな中、たゑの心の傷に触れるような秘密を能勢が抱えていることがわかり、思い乱れた彼女は心身の過労から倒れてしまう。夫を置いて幸せになろうとしていたと悔い、息子の言う通りに介護を受けようとする彼女を、再び前向きにする出来事が起こる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /16mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。