日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー EPISODE YELLOW お宝 DE エンド・パイレーツ
カメンライダーカメンライダーカメンライダーザムービーチョウデンオウトリロジーエピソードイエローオタカラデエンドパイレーツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2010年06月19日 
製作会社
「超・電王トリロジー」製作委員会東映=テレビ朝日=東映ビデオ=アサツーディ・ケイ=木下工務店) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

平成仮面ライダーシリーズの中でも、特に高い人気を誇る『仮面ライダー電王』。放送終了後に“超・電王”として新たにシリーズ化。その新たな試みとして新作映画を二週間おきに三部作として連続公開する。その第三弾に当たる本作では、新ライダーも登場し、仮面ライダーディエンドの活躍を描く。出演は「椿三十郎」の戸谷公人。

スタッフ

監督
柴崎貴行米村正二
アクション監督
村上潤
特撮監督
佛田洋
原作
石ノ森章太郎
プロデューサー
白倉伸一郎武部直美本井健吾加藤和夫佐藤現
撮影
いのくままさお
音楽
佐橋俊彦
ラインプロデューサー
道木広志
アシスタントプロデューサー
石川啓
助監督
伊藤良一谷口昌史

出演者

ストーリー

良太郎(溝口琢矢)たちがモモタロス(声:関俊彦)の鼻を頼りに謎のイマジンを追いかけていると、海東大樹(戸谷公人)と出会う。仮面ライダーディエンドに変身する大樹の目的は、様々な仮面ライダーの世界を旅して宝探しをすること。だが、現れた大樹はイマジンに憑依されており、良太郎たちから電王のパスと時を越える列車デンライナーを盗んでゆく。イマジンとは、時を越えて現代にやってきた未来人。自分たちの思うままに過去を変えようと悪巧みを繰り返しており、良太郎たちは仮面ライダー電王として、そんなイマジンたちと戦っていたのだ。しかし、パスとデンライナーを奪われては、イマジンと戦う事はできない。途方に暮れる良太郎たち。そのとき彼らの前に、時間の運行を妨げる者を取り締まる時間警察の黒崎レイジ(古川雄大)が姿を現す。仮面ライダーG電王に変身するレイジと大樹の間には、過去に大樹が黒崎家から何かを盗んでいったという因縁があった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。