日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

R-18 文学賞 vol.2 ジェリー・フィッシュ
アールジュウハチブンガクショウヴォリュームツージェリーフィッシュ

作品名でWeb検索する
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
92分  

新潮社主催『女による女のためのR-18文学賞』作品を映画化するシリーズ第2弾。雛倉さりえが主人公たちと同年代のときに著した同名小説を「百年の時計」「DEATH NOTE デスノート」の金子修介監督が映画化。繊細さや残酷さ、あやうさといった多感な思春期ならではの機微を、透明感溢れるタッチで丁寧に描いている。脚本は「モンスター」「プライド」の高橋美幸。「アバター」の大谷澪と元新体操選手で新鋭の花井瑠美が、感情をもてあまし心揺らす少女たちを瑞々しく演じている。ほか、「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」の川田広樹、「篤姫ナンバー1」の秋本奈緒美、「R-18文学賞vol.1 自縄自縛の私」などの監督も手がける「くちづけ」の竹中直人らが出演。

スタッフ

監督
金子修介
脚本
高橋美幸
原作
雛倉さりえ

ストーリー

クラスになじんでおらず孤独を抱えている宮下夕紀は、ある日、水族館のクラゲの水槽の前で同級生の篠原叶子に声をかけられる。ふと、とまどいながら唇を重ねる二人。そこから互いに惹かれあうが、ほどなくして叶子に彼氏ができる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。