日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

せきれいの曲
セキレイノキョク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年07月20日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

製作は「目下恋愛中」の加藤譲が板谷良一と共同で当り「また逢う日まで」の水木洋子のオリジナル・シナリオで「えり子とともに」の豊田四郎が監督している。撮影は「宝塚夫人」の三浦光雄である。配役陣は、「覗かれた足」の轟夕起子、「誰が私を裁くのか」の山村聡、「宝塚夫人」でデビューした宝塚出身の有馬稲子などに、斎藤達雄、御橋公、立花満枝、左卜全、南美江などのバイプレイヤーたちである。

スタッフ

製作
加藤譲
製作協力
板谷良一
脚本
水木洋子
演出
豊田四郎
撮影
三浦光雄
美術
北川恵笥
音楽
大木正夫

ストーリー

藤川ゆりは、上野の音楽学校の晴れの卒業式に、母ユキから贈られた「せきれいの曲」を歌った。その歌声はラジオによって、敗残の身を病床に横える島田信也のところへも流れて来た。彼はこの曲の作曲者でもあり、ゆりの父でもあったが、二十年前のふとした行きちがいから、結ばれたばかりのユキと島田の運命は、離れ離れになって再び相合うことが出来なかったのだった。ユキが音楽学校の卒業式に歌ったのもこの「せきれいの曲」で、この曲により結ばれた二人は結婚したが、その新婚の旅で他に女のあることを知ったユキは島田の許を離れ、島田も間もなく欧州へ留学の旅に出た。ゆりを生んだユキは家産を失い、女学校の教師をしながらゆりの成長のみを楽しみにしていたが華々しく留学から帰朝した島田は清島公爵や愛人甲斐愛子の後楯でファッションの時流に媚びていた。ユキは純粋音楽の立場を守って時代に逆っていたため様々の苦しい思いを味ったが、ようやくこの波を乗り切り、うれしいゆりの卒業の日を迎えたが、島田は、爆弾のために不具になり、時代に取り残された身を、かろうじて甲斐愛子の慈悲にすがって生きている身であった。しかしラジオから流れる若き日のユキそのままのゆりの歌声は彼の暗い心を美しく洗い清めてゆくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。