日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

宇宙戦艦ヤマト2199 第四章 銀河辺境の攻防
ウチュウセンカンヤマトニイチキュウキュウダイヨンショウギンガヘンキィウノコウボウ

作品名でWeb検索する

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』を全26話でリメイクしたシリーズの第11話から第14話を、第四章として劇場公開。銀河辺境でのヤマトとガミラスの攻防を描く。総監督は、「トワノクオン」シリーズの出渕裕。声の出演は、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズの菅生隆之、「ねらわれた学園」の小野大輔。

スタッフ

総監督
出渕裕
シリーズ構成
出渕裕
原作
西崎義展
キャラクター・デザイン
結城信輝
ゲストキャラクター・プロップデザイン
山岡信一
チーフメカニカルディレクター
西井正典
メカニカルデザイン
玉盛順一朗石津泰志山根公利出渕裕
撮影監督
青木隆
美術監督
前田実
音楽
宮川彬良
主題曲/主題歌
ささきいさお
音響監督
吉田知弘
音響効果
西村睦弘
CGディレクター
今西隆志
色彩設計/色指定
鈴城るみ子
チーフディレクター
榎本明広
セットデザイン
高倉武史小林誠渡部隆

出演者

ストーリー

ヤマトにガミラスのパイロット・メルダ(声:伊藤静)が残り、その処遇をめぐって艦内は意見が対立する。その最中、ヤマトから突然発艦したメルダ機とコスモファルコンを操縦していたのは……。ガミラスとのファーストコンタクトの真相をめぐり、古代(小野大輔)と島(鈴村健一)はしこりを残す。ベテラン機関士の山崎(土田大)や、沖田艦長(菅生隆之)の口から語られる事実とは……。一方、ガミラス本星では、デスラー総統(山寺宏一)がヤマト討伐を名将ドメル(大塚明夫)に命じていた……。ヤマトは、ドメル配下となったフラーケン(中田譲治)の操る次元潜航艦から魚雷攻撃を受ける。見えない敵からの攻撃に翻弄されるなか、沖田が倒れ、緊急手術が必要となる。古代はヤマトを救うため、命令違反を犯しながらも危険な賭けに出る……。古代が雪(桑島法子)とともに100式空偵で偵察任務から戻ってくると、ヤマトは虚空を漂っていた。艦内に乗組員の姿はなく、古代は死んだはずの両親に出会う。古代と雪を幻影に誘う魔女の影がちらつくなか、2人はヤマトを救えるのか?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm 16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。